メインメニューを開く

矢田村 (大阪府)

日本の大阪府にあった村

矢田村(やたむら)は、大阪府中河内郡にあった。現在の大阪市東住吉区のうち末尾に矢田が付く各町にあたる。

やたむら
矢田村
廃止日 1955年4月3日
廃止理由 編入合併
大阪市中河内郡長吉村瓜破村矢田村加美村巽町北河内郡茨田町大阪市
現在の自治体 大阪市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
中河内郡
総人口 11,694
国勢調査1950年
隣接自治体 大阪市住吉区東住吉区)、松原市
中河内郡瓜破村
矢田村役場
所在地 大阪府中河内郡矢田村大字住道
 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

歴史編集

  • 1661年寛文元年) - 丹北郡枯木村が北枯木村と南枯木村に分村。
  • 1727年享保12年) - 丹北郡北枯木村と南枯木村が合併し、再び枯木村となる。
  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、丹北郡住道村、矢田部村、枯木村、富田新田が合併して矢田村が発足。大字住道に村役場を設置。
  • 1896年(明治29年)4月1日 - 郡の統廃合により、所属郡が中河内郡に変更。
  • 1910年(明治43年) - 大字富田新田を富田に改称。
  • 1950年昭和25年) - 大字住道の東部に外沼町、河原田町、脇田町、大森町、平松町、東浦町、垣外町、笠松町、今池町、灰崎町が起立し、10町4大字となる。
  • 1955年(昭和30年)4月3日 - 大阪市に編入され、東住吉区の一部となる。同日矢田村廃止。

経済編集

産業編集

『大日本篤農家名鑑』によれば、矢田村の篤農家は「枡井茂夫、山田久吉、前田辰次郎」などである[1]

交通編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

脚注編集

  1. ^ 『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年、p193(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年6月12日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集