メインメニューを開く

矢部 健太郎(やべ けんたろう、1972年 - )は、日本歴史学者國學院大學文学部教授。博士(歴史学)。専門分野は日本中世史、室町・戦国・織豊期の政治史・制度史・公武関係史。

目次

来歴編集

東京都に生まれる。1995年國學院大学文学部史学科卒業、2004年同大学院文学研究科日本史学専攻博士課程後期終了、「豊臣政権の支配秩序と朝廷」で博士(歴史学)。2004年防衛大学校人文社会科学群人間文化学科専任講師、2007年國學院大學文学部史学科専任講師、2009年准教授、2016年教授。

豊臣秀次の切腹は豊臣秀吉の命によるものではなく自身で切腹したという説をたてた。(「関白秀次の切腹と豊臣政権の動揺―秀吉に秀次を切腹させる意思はなかった-」(『國學院雑誌』114‐11、2013年)  

広島カープのファン。

著書編集

  • 『豊臣政権の支配秩序と朝廷』吉川弘文館、2011年12月。ISBN 978-4-642-02905-6
  • 『関ヶ原合戦と石田三成』吉川弘文館〈敗者の日本史12〉、2013年12月。ISBN 978-4-642-06458-3
  • 『関白秀次の切腹』KADOKAWA、2016-。ISBN 978-4-04-601545-7

監修編集

外部リンク編集