矢部 長克(やべ ひさかつ、1878年12月3日 - 1969年6月23日)は、日本地球科学者東京生まれ。東北大学名誉教授東京大学卒業

矢部長克
Hisakatsu Yabe.jpg
生誕1878年12月3日
日本の旗 日本 東京
死没 (1969-06-23) 1969年6月23日(90歳没)

人物編集

北海道石狩炭田の調査研究を卒業論文として、1901年(明治34年)に東京帝国大学地質学科を卒業し、1908年から1912年まで欧米留学[1]。留学中の1911年に東北帝国大学教授に就任し、帰国後同大学地質学古生物学科を創設[1]。日本での地質学古生物学の創始者。日本と大陸の構造学的研究や北海道アンモナイト化石の研究で有名。1918年糸魚川静岡構造線を提唱した。他にも、日本列島が100万年前に大陸から分離したと発表して反響を呼んだ。日本古生物学会の初代と第8代会長を歴任。1953年文化勲章受章。

父・長禎は開業医。兄は植物学者矢部吉禎。息子・一郎は東北大学図書館司書を勤めた。

化石の日編集

毎年10月15日は、日本古生物学会により「化石の日」とされている。これは、日本古生物学会のシンボルとなっている「ニッポニテス・ミラビリス」を、矢部が新種記載した1904年(明治37年)10月15日に因んだものである[2]

栄典編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 矢部長克やべひさかつKotobank
  2. ^ 毎年10月15日は「化石の日」!”. 日本古生物学会. 2022年4月23日閲覧。
  3. ^ 『官報』第1657号、「叙任及辞令」1918年2月13日。

外部リンク編集