矢野きよ実

日本のタレント・ラジオパーソナリティ・モデル・書家

矢野 きよ実(やの きよみ、1962年2月25日 - )は、日本のタレントラジオパーソナリティモデル書家名古屋市中区大須出身。本名同じ。血液型A型。名古屋市及び中京圏を中心に活動するローカルタレントであり、名古屋弁を多用する語り口が特徴である[1]

やの きよみ
矢野 きよ実
生年月日 (1962-02-25) 1962年2月25日(58歳)
出生地 日本の旗 日本名古屋市中区
血液型 A型
職業 パーソナリティ書家
活動期間 1977年 -
公式サイト https://yanokiyomi.jp
テンプレートを表示

来歴・人物編集

市邨学園高蔵高校(現名古屋経済大学高蔵高校)卒業。1977年から地元中京圏を拠点に、雑誌や広告などでモデル活動を始める。

高校卒業後の1980年4月、名古屋テレビ金曜奥様ワイド』でタレントデビュー。1982年には中京テレビ5時SATマガジン』でパーソナリティに抜擢され、その頃より中京圏を中心とするタレント活動を本格化させた。1989年にはフジテレビの情報番組『と〜んでもない』に出演し東京進出を果たす。さらに1990年から在阪準キー局の番組[2]にも出演するようになったが、これらの番組が終了した後には再び中京圏中心の活動へと戻っている。1996年からはCBCラジオで冠番組『矢野印』シリーズがスタート。2009年9月まで同局の番組『ツー快!お昼ドキッ』で金曜のパーソナリティを担当していた。また、2002年4月から2011年3月までメ〜テレどですか!』で宮地佑紀生とともに週5日間のメイン司会を担当していた。「名古屋の上沼恵美子」との異名も持つ。

2009年9月時点では、中京地区で活動しているタレントで唯一、地上波テレビ局・FMラジオ局・AMラジオ局・ケーブルテレビ局で各週1本以上のレギュラーを持っていたが、『ツー快!お昼ドキッ』の終了によりAMラジオ局での登場が一時途切れた。倉本美津留とも、番組の出演者・構成作家という関係で知り合って以来10年来の親交があり、2005年末には倉本とのデュエットソングを吹き込んでいる。また、燃えドラオールスターズの1人として『燃えよドラゴンズ! 2007』を歌った。中日が日本シリーズを制した記念に『燃えよドラゴンズ! 2007 日本一記念盤』が発売されたが、こちらはソロである。

17歳から始めた書で表現する独特の世界観が注目を集め、2005年から松坂屋名古屋店で開催する書道展は連日大盛況となる。2013年で9回目。愛知県美術館へは今年で40年出品を続けている。

書道家として「霄花(しょうか)」の雅号を持ち、これまで数多くの賞を受賞。

2000年にはCBCテレビが製作したドラマ30枠の作品『蔵の宿』の題字を担当した。

2001年にはロンドンで開催された「日本」をエキセントリックに表現するイベント「JAPAN」に参加。日本を代表するミュージシャン、アーティストとコラボ。地元新聞にその姿が大きく掲載され話題になる。

2006年には初の書籍『矢野きよ実の書』が発売。

2007年には日展審査員の陶芸家・加藤令吉との陶芸と書のコラボレーション「逢いたかった」も名古屋ドームで実現。多くの人々にあたたかな感動を与える。また、同年松坂屋本店に書のグッズショップ『書っぷ』(ショップ)がオープン。

2008年にはオートクチュールビーズの第一人者・田川啓二とドレスとビーズと書で新しい和の世界を表現。ANAセントレア・中部地区旅行会社9社による九州旅行共同プロジェクト『でら九州プロジェクト』では、題字及びプロジェクトリーダーを務めている。

2009年名古屋市都市景観賞では、審査員だけではなく矢野きよ実の書「大好き」を使った限定ユリカを作成。

愛知県・愛知県警「春の安全なまちづくり県民運動推進キャンペーン」で防犯への想いを書き上げた「君を守るよ」がドラゴンズの選手とのコラボ扇子となり、市民に配布された。

地下鉄桜通線開通20周年では限定2000枚で作成されたユリカ「桜道」は一時間で完売。 TBS系全国28局ネットで放送された文化庁芸術祭参加作品「花祭」の題字を担当。

愛知県警KIRINビールANA、ドキュメンタリー番組タイトル「つちおと」、イベントタイトル「愛について歌おう」「希望と太陽のロックフェス2013」など数多くの題字を担当。2016年にはクロレッツのCMに出演、前代未聞、構成作家の倉本美津留と人工知能AIのWeb上での戦い。矢野を演出した倉本美津留の勝利が発表される。アーティストのCD題字にも、小林幸子「蛍前線」、嘉門達夫「希望のマーチ」、さくら学院「顔笑れ!!」、三宅伸治「夢の歌」、石田長生「Ishiyan」など、多数書を提供している。

2005年 愛・地球博のメインステージ総合司会を務める。

2010年 COP10広報アドバイザー、2010年 開府400年記念事業「夢なごや400」実行委員を務め題字を担当。

2010年3月9日に、当時ロックバンド「JAYWALK」のメンバー・中村耕一覚醒剤取締法違反(所持)で逮捕された。その事件報道の中で中村との10年以上続いている内縁関係が明らかとなる[3]。中村の逮捕翌日の3月10日から『どですか!』の出演を見合わせ[4]、同月13・20日の『矢野雑貨店』も別番組に差し替えることになり28日を最後に打ち切りになった[5][6]。報道以降、活動を自粛していたが、同年4月15日から新番組『矢野きよ実 音楽無礼講』(FM愛知)を機に活動を再開し、同年5月19日より『どですか』にも復帰することが18日の同番組内で発表された。

2011年3月の『どですか』のリニューアルにより番組を降板した以降は、FM音楽番組以外はレギュラーを持たず、執行猶予中の中村を支えるとともに、書家としての経験を生かし全国各地の講演会や学校現場でのワークショップ活動にシフトする。24年度冬季国体PRサポーターと題字を担当。「ピンクリボン名古屋」応援アドバイザー。2013年 早期の肺腺がんが発見されたことによる休養も経験[7]したが、2013年10月に2年ぶりの帯番組『矢野きよ実・山浦ひさし 太陽とバナナ』(東海ラジオ)にレギュラー出演。「~太陽とバナナ」終了後も『矢野きよ実の朝は矢野流』のメインパーソナリティに起用されるなど、メディア出演の基軸を東海ラジオに移していた。

ニュースの職人鳥越俊太郎や忌野清志郎、ハリウッド俳優クリントイーストウッドをはじめ、アーティスト達の間で「無敵バッジ」が本人も驚くほどの広がりを見せている。

2016年公開映画「はなちゃんのみそ汁」では作品の随所に「無敵」の書が登場。「無敵」が繋ぐ人と人の不思議な優しい縁に本人もまわりも感動している。

髭の殿下寬仁親王が、ご自身で大居間外壁に矢野きよ実の書「生きている生きてやる生きたい君のために」を飾られ力にされていた。

AED普及に広く貢献し特定非営利活動法人 愛知万博記念災害・救急医療研究会理事を現在も務める。(2006年〜)

幼児虐待のためのシェルター「パオ」を積極的に応援。地元では協議委員を務め防犯活動に貢献。(2006年〜)

2017年~ 名古屋 観光文化交流特命大使に任命

2017年〜 横山美術館 広報大使

2017年からラグビーワールドカップ2019 開催都市特別サポーターを2年間務め、10月10日の豊田スタジアム 日本対サモア戦前に日本選手に捧ぐ4m×6mの巨大な書を豊田東高校・豊田北高校8名の生徒たちと書きあげる。

2018年〜 名古屋小児がん基金 特別顧問

第20回アジア競技大会2026愛知・名古屋スローガン・エンブレム選定委員会選定委員


___________________________________________________________________________

被災地支援(無敵プロジェクト)私たちにできることは「忘れないこと・想うこと」

2011年3月11日の震災直後から日本赤十字愛知県代表として視察のため医師団と被災地に入る。壊滅的な被害を受けた日本の硯シェア90%を誇る硯のまち宮城県石巻市雄勝の地に立ち、その際ガレキの中から出てきた傷だらけの硯と出逢う。

名古屋から1800キロ、宮城・岩手・福島の被災地の子どもたちの「心の声」を聞く「書」の授業を行う。「忘れないで」と子どもたちから預かった書を全国で展示する活動は現在70会場になる。被災地の報道が少なくなった今も被災地の子供たちの「心」を多くの人々に伝える講演を積極的に行う。日本赤十字社名誉総裁の秋篠宮妃殿下式典後に講演。

NHKヒューマンドキュメンタリー「書は心を開く」がオンエアーされ反響を呼ぶ。

泉谷しげる、嘉門達夫などの音楽仲間たちともいち早く被災地支援に立ち上がり、2012年には宮城県石巻で1万5千人規模の「みんなの祭り無礼講」を開催。その後祭りは10回開催される。現在も継続的にチャリティー活動を進める。

さらに現在は、虐待などの理由で親と暮らせない子どもたちのいる児童養護施設にて書の療法「書きましょ」を行い子どもたちの心の叫びを聴き、講演会などで伝えている。

医療・災害、教育現場、福祉、さまざまな分野からの講演依頼に「生きること」「命の大切さ」を伝えている。

現在のレギュラー出演番組編集

  • 矢野きよ実の上出来ラジオ(FM AICHI、2019年4月7日-)

過去の出演編集

テレビ番組編集

ラジオ番組編集

CM編集

  • キリンビール - 中京版のローカルCMに出演。
    • このCM出演以降、レギュラー番組を持っていなかった東海テレビで他局でも放送されている矢野が出演するCMが放送されているほか、不定期でインフォマーシャル形式のCMも放送されている。これは同じくレギュラーがなかった東海ラジオも同様にラジオCMが放送されている。
  • キリンビバレッジ - 「名古屋ことば自動販売機」は、名古屋市が取り組んでいる「名古屋開府400年祭」のパートナーシップ事業として展開されるもので、飲料購入時に河村たかし市長と矢野との「名古屋弁」による音声メッセージが流れる仕組み。またデザインには、同祭のマスコットキャラクター「はち丸」ほか3種類が使用。
  • ANA - ANAセントレア・中部地区旅行会社9社による九州旅行共同プロジェクト『でら九州プロジェクト』では、題字及びプロジェクトリーダーを務めている。
  • 衆議院選挙 - ラジオCM。愛知県選挙管理委員会。2009年度。全般的にはドアラが広報部長としてPRしていた。
  • アパマンショップ - 東海3県(愛知・岐阜・三重)向けにCMに出演。
  • マクドナルド -「さくらてりたま」のTVCM名古屋弁篇

執筆編集

関連項目編集

在名タレント・アナウンサー編集

  • 板東英二 - 野球解説者・タレント。『板東英二の虹スタ!』で、ともに司会を担当。
  • つボイノリオ - タレント・ラジオパーソナリティー。長年「憧れの人」と信奉する人物(『ツー快!』金曜のジングルである竹内まりやの『毎日がスペシャル』に倣って「スペシャルな人」と表現する場合もあり)の1人。10代の頃、つボイの番組に熱心に耳を傾けていたという。時折つぼイのラジオ番組に顔を出すことがあった。
  • 原光隆 - 東海ラジオアナウンサー。『矢野きよ実の朝は矢野流』のアシスタントを務めた。突っ込みや冷やかしを入れられることも多い(詳細は番組記事を参照)。
  • 中西直輝 - CBCアナウンサー。『あさパレ』で、共にパーソナリティを担当。『ツー快!』金曜にメインパーソナリティとして番組復帰した時にも、ニュース担当の名目でほぼ実質的にアシスト役を務めた。
  • 若狭敬一 - CBCアナウンサー。『ツー快!』金曜日の初代パートナー(事実上は中西の後継として参加)。両者による「罵倒合戦」は当番組の礎を築いた。後任のパートナー石井亮次(CBCアナウンサー)が番組を休んだ時には代役として参加することもあった。
  • タクマ - ラジオパーソナリティー。東海ラジオでは矢野の後続番組を担当しているほか、中村を通じて家族ぐるみで交流がある。

その他編集

  • 原田伸郎 - 朝日放送の音楽番組で初共演。『ツー快!』第1期(水曜担当時代)のメインパーソナリティで、長年「憧れの人」として信奉する人物の1人である。
  • 秋野暢子 - 姉と慕い、彼女も妹分と呼び、公式ブログにも度々矢野のおこなうイベントが取り上げられている。
  • 島田紳助 - 東京進出を仲介した人物の一人とされ、信奉するタレントの一人とされる。
  • 中川勝彦中川翔子 - 翔子の父の勝彦とはラジオなどの共演で親交があり、勝彦が亡くなった際に駆けつけた。『どですか!』で翔子のコンサート映像を見て、翔子が芸能界にデビューしたことを知った。後に、ラジオで翔子と共演する。
  • 嘉門達夫 - 別々の曜日であったが、『ラジオDEごめん』パーソナリティー時代から友人である。「矢野きよ実の朝は矢野流」でも時折ゲスト出演する。
  • MAYAMAXX - 日本を代表する画家MAYAMAXXと2000年頃から親交を深め書と絵で共に作品を発表。
  • 愛知県出身の人物一覧

脚注編集

  1. ^ ナゴヤフェア「名古屋弁トークバトル!」 矢野きよ実公式ページ 2009年8月12日
  2. ^ 「旅物語」毎日放送、「すとらびん式」関西テレビ、「ライブキング」→「オンガ・ダンガ」朝日放送、「矢野きよ実のLove Radio」ラジオ大阪
  3. ^ 中村容疑者“内縁”タレントは生放送欠席 - スポーツニッポン 2010年3月11日 閲覧
  4. ^ 矢野きよ実さん出演見合わせ、中村容疑者逮捕でコメント朝日新聞2010年3月11日
  5. ^ “内縁”タレント 捜査終了まで活動自粛か - スポーツニッポン 2010年3月12日 閲覧
  6. ^ 2010年3月記事 矢野きよ実公式ページ
  7. ^ タレント・矢野きよ実が早期の肺腺がん「突然のことで驚いてます」 oricon 2013年7月3日

外部リンク編集