株式会社矢野特殊自動車(やのとくしゅじどうしゃ)は、福岡県糟屋郡新宮町に本社を置く総合特装車メーカーである。冷凍車タンクローリー車両運搬車を中心に種々の特装車を製造・販売している。

株式会社矢野特殊自動車
Yano Special Purpose Vehicle Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
811-0123
福岡県糟屋郡新宮町上府北4丁目2番1号
設立 1953年11月
業種 輸送用機器
法人番号 7290001036685 ウィキデータを編集
事業内容 冷凍車タンクローリー車両運搬車などの製造・販売
代表者 代表取締役社長 矢野彰一
資本金 1億円
売上高 約126億円(2020年度実績)
従業員数 389名
関係する人物 矢野倖一
外部リンク https://www.yano-body.co.jp/
テンプレートを表示

沿革

編集
  • 1922年(大正11年) - 福岡市中央区春吉で、母体となる矢野オート工場を創業。
  • 1936年(昭和11年) - 海軍の指定工場として、海軍向け特装車の製造を行う。
  • 1953年(昭和28年) - 株式会社矢野特殊自動車製作所を設立し、事業を引き継ぐ。
  • 1958年(昭和33年) - 福岡運輸からの依頼により、全国に先駆け冷凍機付き冷凍車を開発する。詳しくは福岡運輸#概要参照。
  • 1980年(昭和55年) - 現在地に本社工場を建設、社名を現社名に変更。
  • 2003年(平成15年) - 阪急電鉄の子会社であるアルナバンより全営業を譲り受ける。
  • 2005年(平成17年) - アルナバンの社名をアルナ矢野特車に変更し、旧アルナバンの営業部門を矢野特殊自動車に統合。
  • 2006年(平成18年) - 本社工場が隣接する新自工の廃業に伴い敷地を譲り受け、工場を拡張。
  • 2009年(平成21年) - アロー号が『2009年度機械遺産』に認定される。
  • 2011年(平成23年) - 創業者矢野倖一が『日本自動車殿堂』殿堂入り。

アロー号

編集
  • 現存する最古の国産自動車であるアロー号は、大正5年に矢野特殊自動車の創業者、矢野倖一が3年という歳月をかけ独力で作りあげた。

関連会社

編集

外部リンク

編集