メインメニューを開く

矢野道雄(やの みちお、1944年6月 - )は、日本の数学者インド数学インド占星術研究者、京都産業大学名誉教授。

目次

来歴編集

京都府福知山市生まれ。1967年京都大学文学部印度哲学科卒、1972年同大学院梵語梵文学博士課程中退(専攻はインド学および科学史)、1973年京都産業大教養部講師、1977年助教授、1979年同大国際言語科学研究所助教授、1984年に教授、のち所長(第9代)。2000年に同文化学部教授に異動、2010年4月から特任教授。2015年停年退職、名誉教授。

研究所は、2001年3月に組織改革の一環で約22年間に及ぶ活動を終え廃止された。初代所長は泉井久之助で、村山七郎小川環樹矢島文夫らが所長だった。

1996年「クーシュヤールの占星術書写本の校訂研究」で文学博士(京大)。主として科学史からの古代インド天文学数学占星術を、原典訳・研究を行っている。

著書編集

  • 密教占星術 宿曜道とインド占星術 東京美術:同選書 1986.11/東洋書院(増補改訂版) 2013.9
  • 占星術師たちのインド 暦と占いの文化 中公新書 1992.7
  • 星占いの文化交流史 シリーズ言葉と社会・勁草書房 2004.11
  • インド数学の発想 IT大国の源流をたどる NHK出版新書 2011.5 

翻訳・共著編集

  • インド天文学・数学集 科学の名著:第1期1巻 朝日出版社 1980 
  • インド医学概論 チャラカ・サンヒター 科学の名著:第2期1巻 朝日出版社 1988。各 訳注・解説 
  • 古代の精密科学 O・ノイゲバウアー 斎藤潔と共訳注 恒星社厚生閣 1984、新版1990
  • スシュルタ本集 大地原誠玄訳、矢野道雄校訂・解説 たにぐち書店 全3巻 1994
    昭和初期にサンスクリット原典から訳されたインド古典医学書の大著。旧版は臨川書店(1979、手書き原稿と解題のみ)
  • 占術大集成 古代インドの前兆占い(全2巻) ヴァラーハミヒラ、杉田瑞枝と共訳注・解説 平凡社東洋文庫 1995
  • インド数学研究 数列・円周率・三角法 楠葉隆徳・林隆夫と共著 恒星社厚生閣 1997、オンデマンド版2016

外部リンク編集