知々夫国造

のちに武蔵国北西部となる地域(知々夫国)を支配した国造

知々夫国造(ちちぶのくにのみやつこ、ちちぶこくぞう)は、のちに武蔵国北西部となる地域(知々夫国)を支配した国造である。

知々夫国造
No image available.svg
家祖 知知夫彦命
種別 神別天神
主な根拠地 知々夫国(のちの武蔵国北西部)
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

表記編集

  • 知知夫国造
    「知々夫」の「」は繰り返し符号であるので、この記号を用いない場合の表記である。
  • 秩父国造
    のちの武蔵国秩父郡の名称による表記である。
  • 武蔵秩父国造
    先代旧事本紀』の「天神本紀」における表記である。後述

祖先編集

知々夫国造は一般的に八意思兼神の後裔とされるが、天児屋根命の後裔とする説もある。なお、八意思金命(八意思兼神)は天児屋根命の別名であるともいう平田篤胤の説もある[1]

八意思兼神裔説編集

天児屋根命裔説編集

上記の天表春命天下春命の二神は八意思兼神の子であるが、中臣氏の祖である天児屋根命の子にも同名の二神がおり[4]秩父彦命(知々夫彦命、知知夫彦命)をこの二神のうち天下春命の8世孫とする系図(『埼玉叢書. 第1巻』内『秩父志』内111頁「秩父彦命御系図」)がある。これは才知の優れた神である天児屋命と、同様な性格を持つ八意思兼命が混同されたことによるものと見られ、天児屋命の子とする系図は誤伝と見られる[5]

氏族編集

本拠編集

国造の本拠はのちの武蔵国秩父郡[6]。なお秩父郡の郡衙の場所は不明であるが、秩父郡中村郷があったとされる現在の埼玉県秩父市中村町が有力な候補地であるという[7]

なお、「秩父」の名をもつ自治体としては秩父市がある。

支配領域編集

知々夫国造の支配領域は当時知々夫国と呼ばれていた地域(秩父神社#氏神を参照)を中心とする秩父児玉地域[8])である。知々夫国はのちの令制国武蔵国の北西部をさし、現在の埼玉県秩父地方を中心とした地域のことであるといわれる。『埼玉県史. 第2巻 奈良平安時代』は恐らく「今日」(この本の出版年は1933年である)の秩父児玉比企大里北埼玉辺りは知々夫国の境域であったものと思われるとしている。『日本歴史地図 原始・古代編 下』は現在の秩父郡児玉郡にあてている。

地名の語源については、秩父地方#語源を参照。

秩父が古くから開かれた土地であったことは、のちに同じ令制武蔵国の領域となる地域に設置された国造の中でも知々夫国造がほかの无邪志国造胸刺国造に先んじて定められていることからも分かる。

知々夫国は无邪志国造の支配した无邪志国と合わさって7世紀令制国武蔵国となった。当初武蔵国は東山道に所属していたが、771年東海道に移管された。

氏神編集

知々夫国造の氏神は、埼玉県秩父市(旧秩父郡)にあり武蔵国四宮[注 2]秩父神社(ちちぶじんじゃ、北緯35度59分51.37秒 東経139度5分2.86秒 / 北緯35.9976028度 東経139.0841278度 / 35.9976028; 139.0841278 (秩父神社))である。『先代旧事本紀』の「国造本紀」によれば、知知夫彦命は国造に任命され「大神を拝祠」したという。この「大神」は知知夫彦命の祖である八意思兼命をさすと考えられ[9]、秩父神社ではこれをもって神社の創建としている[10]。また現在は知知夫彦命自身も秩父神社の祭神となっているが、これは知知夫彦命の9世子孫である知知夫狭手男允恭天皇年間(412年 - 453年)に合わせて祀ったためであるといわれる。

秩父神社の祭神は2018年平成30年)現在も八意思兼命知知夫彦命などである。

編集

  • 国神塚古墳
    知知夫彦命の墳墓であるとされている古墳。埼玉県秩父郡皆野町国神に「国神の大イチョウ (日本語)[注 3]」というイチョウの大樹があり、埼玉県の天然記念物に指定されている。これは知々父彦命の墓の脇に植えられた樹であるといわれており、かつてはその周辺にも数基の古墳が存在していたといわれている[11]

子孫編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 『百家系図稿』巻一の「小谷町」系図では八意思兼命天表春命―阿豆佐美命―加弥夜須命―伊豆氐命―阿智別命―阿智山祇命―味見命―知知夫彦命(秩父国造祖)となっており[2]、これに従えば知々夫国造の祖先は天下春命ではなく天表春命となる。また知知夫彦命が八意思金命(八意思兼命)の10世孫である(上述)ことから考えれば、知知夫彦命は味見命の曽孫となる[3]
  2. ^ 一宮を参照。
  3. ^ リンクは皆野町ホームページ内。

出典編集

  1. ^ 古代豪族系図集覧』(4頁)。
  2. ^ 鈴木真年「小谷町」『百家系図稿』巻一。
  3. ^ 宝賀寿男「第一章 天神系氏族 第三節 阿智氏族」『古代氏族系譜集成』中巻、古代氏族研究会、1986年。
  4. ^ 姓氏家系大辞典. 第1巻』所引「伊豆国造伊豆宿禰系図」。
  5. ^ 宝賀寿男「六 高天原時代の中臣氏の遠祖神」『古代氏族の研究⑤ 中臣氏 卜占を担った古代占部の後裔』2014年、113頁。
  6. ^ 日本歴史地図 原始・古代編 下』。
  7. ^ 秩父市の歴史 - 秩父市(2017年12月26日 午前5時8分(JST)閲覧)
  8. ^ 知々夫国造 ( 武蔵 ) - 日本辞典(2018年2月4日午後2時7分(JST)閲覧)
  9. ^ 日本歴史地名大系第十一巻 埼玉県の地名』。
  10. ^ ご祭神・由緒 - 秩父神社(2018年7月2日午後1時43分(JST)閲覧)
  11. ^ 国神の大イチョウ (日本語) - 皆野町ホームページ(2018年2月2日午後0時(昼)58分(JST)閲覧)

参考文献編集

関連項目編集