知りすぎていた男

アメリカの映画作品

知りすぎていた男』(しりすぎていたおとこ、The Man Who Knew Too Much)は、アルフレッド・ヒッチコック監督による1956年アメリカ合衆国サスペンス映画テクニカラービスタビジョン作品。ヒッチコック監督のイギリス時代の1934年の映画『暗殺者の家』(原題同じ)を自らリメイクした作品である。

知りすぎていた男
The Man Who Knew Too Much
The Man Who Knew Too Much (1956 film).jpg
劇場用ポスター
監督 アルフレッド・ヒッチコック
脚本 ジョン・マイケル・ヘイズ英語版
アンガス・マクファイル英語版[注 1]
原案 チャールズ・ベネット英語版
D・B・ウィンダム・ルイス英語版
出演者 ジェームズ・ステュアート
ドリス・デイ
音楽 バーナード・ハーマン
主題歌 ドリス・デイ
ケ・セラ・セラ
撮影 ロバート・バークス英語版
編集 ジョージ・トマシーニ英語版
製作会社 Filwite Productions
Spinel Entertainment
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1956年6月1日
日本の旗 1956年7月26日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
アラビア語
製作費 $2,500,000[2]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $11,333,333[3]
テンプレートを表示

主人公である米国人マッケナ医師役をジェームズ・ステュアート、同夫人役をドリス・デイが務めた。作中でドリス・デイが歌う『ケ・セラ・セラ』は第29回アカデミー賞歌曲賞を受賞した。

ストーリー編集

フランスモロッコに観光にきていたベン・マッケンナ(ジェームズ・スチュアート)と妻で歌手のジョー(ドリス・デイ)、息子のハンクは、バスの中でベルナール(ダニエル・ジェラン)という貿易商と知りあうが、ベルナールは街の市場で何者かに刺殺されてしまう。彼は死の直前にベンの耳元で「ロンドンで要人暗殺の計画がある」と告げ、「アンブローズ・チャペル」という謎の言葉を残した。しかし、前日にレストランで知り合いになったドレイトン夫妻によって息子ハンクが誘拐され、「ベルナールから聞いたことを誰かに話せば息子の命はない」という電話がベンのもとにかかってくる。

警察に頼る訳にもいかず、ベルナールの言葉を頼りにロンドンに飛んだベンとジョーは息子の捜索を開始し、アンブローズ・チャペルという教会でドレイトン夫妻を発見するが、あと一歩のところでハンクを取り戻すことができない。

実はこの暗殺計画は某国の駐英大使が訪英中の自国首相を殺害しようと立てたもので、ドレイトン夫妻はモロッコでそのためのスナイパーを雇っていたのだった。ベルナールはこの計画を探っていたスパイで、暗殺を防ぐための伝言をベンに託したのである。

そのことを知ったベンとジョーは暗殺計画の現場であるロイヤル・アルバート・ホールへ向かい、2人の活躍によって首相は命を救われる。

ハンクがその国の大使館の奥深くに捕われているらしいと知ったベンは、首相に頼んで大使館でのパーティーに招待してもらい、息子を助け出す機会を探ろうとする。大使館の広間でジョーが持ち歌の「ケ・セラ・セラ」を披露すると、それをかすかに聞きつけたハンクは監禁されている部屋から母の歌にあわせて精一杯の指笛を吹く。その指笛を頼りにベンは息子を救うことができたのだった。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹き替え
テレビ版 BD版
ベン・マッケンナ ジェームズ・ステュアート 小川真司 根本泰彦
ジョー・マッケンナ ドリス・デイ 梓みちよ 石塚理恵
ハンク・マッケンナ クリストファー・オルセン英語版 田中真弓 志田有彩
エドワード・ドレイトン バーナード・マイルズ英語版 福田豊土 有本欽隆
ルーシー・ドレイトン ブレンダ・デ・バンジー英語版 寺島信子 高島雅羅
ルイ・ベルナール ダニエル・ジェラン 魚建
ブキャナン警部 ラルフ・トルーマン 西村太佑
指揮者 バーナード・ハーマン
  • BD版 - 2012年11月2日にジェネオン・ユニバーサルから発売の「ヒッチコック・ブルーレイ・プレミアム・コレクション」に収録。

作品の評価編集

映画批評家によるレビュー編集

本作のオリジナル版「暗殺者の家」も名作であったが、ヒッチコックが後にフランソワ・トリュフォーに語ったインタビューによると「オリジナル版は若干腕の立つアマチュアの作品」であり、本作は「実力を兼ね備えたプロの作品」としている。[要出典]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「自身の1934年の映画をリメイクしたヒッチコックは『知りすぎていた男』に絵のように美しい舞台と国際的な陰謀を吹き込み、ジェームズ・ステュアートによる見事に混乱した演技に助けられている。」であり、38件の評論のうち高評価は87%にあたる33件で、平均点は10点満点中7.8点となっている[4]Metacriticによれば、11件の評論のうち、高評価は10件、賛否混在は1件、低評価はなく、平均点は100点満点中78点となっている[5]

受賞歴編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ クレジットなし[1]

出典編集

  1. ^ The Man Who Knew Too Much (1956) - Full Cast & Crew” (英語). IMDb. 2021年5月6日閲覧。
  2. ^ The Man Who Knew Too Much (1956)” (英語). IMDb. 2021年5月6日閲覧。
  3. ^ The Man Who Knew Too Much (1956) - Financial Information” (英語). The Numbers. 2021年5月6日閲覧。
  4. ^ The Man Who Knew Too Much (1956)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年5月6日閲覧。
  5. ^ The Man Who Knew Too Much Reviews” (英語). Metacritic. 2021年5月6日閲覧。

外部リンク編集