メインメニューを開く

知久馬 二三子(ちくま ふみこ、1937年2月1日 - )は、日本政治家、元三朝町町議会議員[1]、社民党鳥取県連合代表[2]。元衆議院議員(1期)。

目次

経歴編集

鳥取県出身。1952年地元の中学を卒業後、三徳村役場に入り、合併後の三朝町課長や図書館長を勤めた。1996年の総選挙で社会民主党から鳥取県第1区に立候補するが落選。比例代表中国ブロックでも次点に終わった。翌1997年、三朝町議に当選。1999年秋葉忠利の広島市長選への立候補による辞職で衆議院議員に繰上げ当選。翌2000年総選挙で落選した。2001年の三朝町議選に再び立候補して当選[3]2005年2009年にも再選された(無投票)。2013年の町議選には出馬せず政界引退。

政策編集

出典・脚注編集

  1. ^ 三朝町議会議員選挙 2009年10月27日告示 2009年11月01日投票 無投票”. VoiceJapan. 2011年8月29日閲覧。
  2. ^ “議席確保向け団結 社民党鳥取県連合定期大会”. 日本海新聞. (2011年7月18日). http://www.nnn.co.jp/news/110718/20110718002.html 2011年8月29日閲覧。 
  3. ^ 元国会議員が町議になった例に福岡県苅田町議になった尾形智矩がいる。
  4. ^ 第145回国会 請願1302号

参考文献編集