知念 広弥(ちねん こうや、1989年12月18日 - )は、沖縄県那覇市出身の元プロ野球選手投手)。現在は社会人野球日立製作所硬式野球部に所属している。

知念 広弥
日立製作所硬式野球部 #20
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県那覇市
生年月日 (1989-12-18) 1989年12月18日(31歳)
身長
体重
173 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2018年
初出場 CPBL / 2018年8月22日
最終出場 CPBL / 2019年4月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

ドッジボールの際に肩の強さを褒められたことから野球を始める。那覇市立高良小学校時代は「高良カープ」で軟式野球をプレーし、那覇市立小禄中学校時代は「沖縄ダイヤモンドクラブ」で硬式野球をプレー。中学時代はフレッシュリーグ(九州硬式少年野球協会)で3位の実績を誇る[1]

中学卒業後は更なるレベルアップを目指し、地元・沖縄県を離れ、岡山県浅口市おかやま山陽高等学校に進学。高校では2年生から直球を武器にした投手として頭角を現すも、冬にフォームを見失って球速を落としてしまう。球威の戻らぬまま、高校を卒業した[1]

高校時代の監督の堤尚彦からの紹介で金沢学院大学に進学。調子を戻すことができぬまま、3年間は北陸大学野球連盟公式戦に殆ど登板することができなかったが、良かった頃のフォームに戻そうとせず、新たなフォームに挑戦したところ、4年生の春季リーグで4勝を挙げるなど、チームの中心投手となる躍進を遂げた[1]。伸び悩んでいた頃、同大学のトランポリン部に所属していた、のちの妻と知り合っている[1]

この躍進から、社会人野球九州三菱自動車に入団。チームは1年目から都市対抗出場を果たすも、その後は低迷。2015年シーズン終了まで4年間プレーする。社業は順調で、社内で2度も表彰されるほど優秀な社員であったが、プロ野球選手を志してこの年の秋に退社した[1]

BCリーグ・新潟時代編集

横浜DeNAベイスターズ読売ジャイアンツの入団テストを受けたが、いずれも不合格となってしまい[1]独立リーグBCリーグの入団テストを受験。2015年11月28日に実施されたBCリーグドラフト会議において、新潟アルビレックス・ベースボール・クラブにドラフト4位指名を受け入団[2]

BCリーグでは、2年目の2017年開幕投手を任されるほどに成長。シーズン中に左肘を痛めて成績が低下するも、後半戦には本来の調子を取り戻した[1]。しかし、BCリーグでの2年間、年齢がネックとなりNPBドラフトにはかからず[3]、同年10月31日に退団が発表された(任意引退)[4]

台湾時代編集

一度は引退を決意したものの[5]2018年3月にBCリーグ・新潟の加藤博人監督の紹介で台湾中華職業棒球大聯盟統一セブンイレブン・ライオンズの入団テストを自費で受験し合格[5][6]3月13日に球団から二軍入団が発表され、8月17日一軍昇格[7]。一軍では未勝利に終わり、同年8月31日に外国人選手としての登録から外れ退団したが、監督の黃甘霖中国語版から来年の契約を約束された[8]

2019年1月9日、統一と再契約したことが発表された。昨年活躍した外国人選手の調整が遅れていたこともあり、3月23日の開幕を一軍で迎えることになった。同月29日の対Lamigoモンキーズ戦で二番手として登板するとチームが逆転。プロ初勝利を手にし、夫人とともにお立ち台に立った[9]。台湾プロ野球での日本人投手の勝利は2014年の正田樹以来5年ぶりだった。しかし、変化球の変化量を上げようとフォームを変更したところ、直球の伸びが無くなって痛打される場面が多くなってしまい、4月下旬に二軍降格。フォームを修正して、二軍で調子を取り戻し始めた矢先の5月6日、チーム事情もあって外国人選手としての登録から外れ、統一から二度目の退団となった[1]

社会人野球復帰編集

統一退団後は選手引退も考えていたが、9月に子供が誕生することを切っ掛けに現役続行を決断[10]。8月、社会人野球の日立製作所に入部した[1]。日立製作所にはBCリーグ・新潟2年目のときに監督だった加藤がコーチを務めている。

選手としての特徴編集

身長175cmと小柄ながら、最速152km/h[11]ストレートを武器とするサウスポー。変化球はツーシームスライダーフォークを使い分ける[12]。台湾プロ野球界でスタミナが課題となり、2018年に退団する主な原因となったが[13]、監督の黃甘霖も認める「諦めない男」である[14]

社会人3年目から特徴をつけるためにサイドスローに転向していたが、BCリーグ・新潟入団後に当時監督だった赤堀元之の勧めでオーバースローに戻すと、自己最速を5km/h以上も更新する成長を見せた[1]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2018 統一 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 26 4.2 9 0 2 0 1 5 0 0 7 7 13.50 2.36
2019 13 0 0 0 0 2 2 0 3 .500 47 8.2 19 1 2 0 0 11 0 0 10 10 10.38 2.42
通算:2年 14 1 0 0 0 2 3 0 3 .400 73 13.1 28 1 4 0 1 46 0 0 17 17 11.47 2.40

記録編集

独立リーグでの投手成績編集










































W
H
I
P
2016 新潟 33 5 6 1 1 .455 97.0 414 91 2 80 22 3 45 34 4 6 3.15 1.16
2017 18 2 2 0 0 .500 51.2 225 51 4 52 16 2 27 25 1 0 4.35 1.31
通算:2年 51 7 8 1 1 .467 148.2 639 142 6 132 38 5 72 59 5 6 3.58 1.21
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号編集

  • 25 (2016年 - 2017年)
  • 14 (2018年 - 2019年)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 高木遊 (2019年8月30日). “不屈の野球人生を歩む知念広弥。台湾プロ野球に続くステージは日本の社会人野球” (日本語). 2019年9月5日閲覧。
  2. ^ 2015年度ルートインBCリーグドラフト会議指名選手のお知らせ. ルートインBCリーグ. 2015年11月28日(2018年3月14日閲覧)
  3. ^ “「30歳でドラフト指名は夢がある」―NPB入りを狙う台湾2年目の日本人152キロ左腕”. Full-Count. (2019年2月19日). https://full-count.jp/2019/02/19/post301824/ 2019年8月1日閲覧。 
  4. ^ 退団選手のお知らせ. ルートインBCリーグ. 2017年10月30日(2018年3月14日閲覧)
  5. ^ a b 1度は引退決意も自費でテスト参加…元BC新潟の左腕が台湾・統一と契約”. SPORTS BULL (2018年3月14日). 2018年3月21日閲覧。
  6. ^ 知念廣彌通過測試 統一獅簽第4位洋投. ETtoday新聞雲. 2018年3月13日
  7. ^ 明天登錄一軍 知念広弥:沒遺憾了”. 蘋果即時 (2018年8月16日). 2018年8月18日閲覧。
  8. ^ 如果今年用不到知念広弥 黃甘霖:明年還會找他”. 蘋果即時 (2018年7月27日). 2019年4月7日閲覧。
  9. ^ “菅野世代左腕 台湾プロ野球の統一ライオンズ・知念広弥が29歳でプロ初勝利!”. テレビ東京スポーツ:テレビ東京. (2019年3月30日). https://www.tv-tokyo.co.jp/sports/articles/2019/03/003858.html 2020年11月30日閲覧。 
  10. ^ “台湾プロ野球を戦力外!菅野世代の左腕が生まれてくる我が子のため決断!”. テレビ東京スポーツ:テレビ東京. (2019年7月6日). https://www.tv-tokyo.co.jp/sports/articles/2019/07/004884.html 2020年11月30日閲覧。 
  11. ^ 台湾プロ野球唯一の日本人「知念広弥」投手!MAX152km左腕のガチブルペン…トクサン魂のビタ止め!”. baseballgate (2019年2月14日). 2019年4月7日閲覧。
  12. ^ https://full-count.jp/2018/03/14/post112136/
  13. ^ http://sports.ltn.com.tw/news/breakingnews/2536236
  14. ^ https://tw.appledaily.com/new/realtime/20180906/1425138/

関連項目編集

外部リンク編集

  • 選手の各国通算成績 CPBL