知覚量子化器(pereptual quantizer、PQ)は、SMPTE ST 2084としてSMPTEが公開した[1]SDRで使用されているガンマ曲線と置き換えることでHDR表示を可能とする伝達関数である[2][3][4][5]。この伝達関数を使用すると、最大10,000 cd/m2、最小0.0001 cd/m2までの輝度レベルを表現することができる[2]ドルビーによって開発され[6]SMPTEによって2014年に標準化され[1]ITUによっても2016年にRec. 2100として標準化された[7][8]。ITUはPQないしHLGをHDR-TVの伝達関数として指定している[7]。PQはHDRビデオ形式(ドルビー・ビジョン[2][9]HDR10[10]およびHDR10+[11]など)の基礎であり、HDR静止画フォーマットでも使われている。

PQはカラーバンディング英語版についてのヒトの視覚を基礎とした伝達関数であり、12ビットで目に見える擬似輪郭が発生しないようにできる[12]。ガンマ曲線を10,000 cd/m2まで拡張するには15ビットが必要とされる[12]

技術的詳細編集

PQ EOTF電気光伝達関数)を以下に示す:[7][13]

 

PQの逆EOTFは次の通り:

 

ここで

  •   は、 の範囲の非線形信号
  •   は、cd/m2で表した表示輝度
  •   は、範囲[0:1]に正規化された線形の表示値( は10,000 cd/m2のピーク輝度を表す)
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b “ST 2084:2014”. IEEE Xplore. doi:10.5594/SMPTE.ST2084.2014. オリジナルの2020年7月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200724211453/https://ieeexplore.ieee.org/document/7291452 2020年7月24日閲覧。 
  2. ^ a b c Dolby Laboratories. “Dolby Vision Whitepaper”. 2016年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月24日閲覧。
  3. ^ Eilertsen, Gabriel. The high dynamic range imaging pipeline. Linköping University Electronic Press. pp. 30–31. ISBN 9789176853023. オリジナルの23 January 2021時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210123115652/https://books.google.com/books?id=LCtbDwAAQBAJ&pg=PA30 2020年8月22日閲覧。 
  4. ^ Chris Tribbey (2015年7月10日). “HDR Special Report: SMPTE Standards Director: No HDR Format War, Yet”. MESA. オリジナルの2015年9月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150913044219/http://mesalliance.org/blog/me-daily/2015/07/10/smpte-standards-director-no-hdr-format-war-yet/ 2015年9月21日閲覧。 
  5. ^ Bryant Frazer (2015年6月9日). “Colorist Stephen Nakamura on Grading Tomorrowland in HDR”. studiodaily. オリジナルの2015年9月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150913064202/http://www.studiodaily.com/2015/06/colorist-stephen-nakamura-grading-tomorrowland-dolby-vision/ 2015年9月21日閲覧。 
  6. ^ Dolby. “Dolby Vision Whitepaper - An introduction to Dolby Vision”. 2021年2月14日閲覧。
  7. ^ a b c “BT.2100 : Image parameter values for high dynamic range television for use in production and international programme exchange”. International Telecommunication Union. (2016年7月4日). オリジナルの2021年1月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190427004028/https://www.itu.int/rec/R-REC-BT.2100 2021年1月25日閲覧。 
  8. ^ “ITU announces BT.2100 HDR TV standard”. Rasmus Larsen. (2016年7月5日). オリジナルの2016年7月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160710015254/http://www.flatpanelshd.com/news.php?subaction=showfull&id=1467719709 2016年7月26日閲覧。 
  9. ^ Dolby. “Dolby Vision Profiles and Levels Version 1.3.2 - Specification”. 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月12日閲覧。
  10. ^ Consumer Technology Association (2015年8月27日). “CEA Defines 'HDR Compatible' Displays”. 2019年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月12日閲覧。
  11. ^ HDR10+ Technologies, LLC (2019年9月4日). “HDR10+ System Whitepaper”. 2021年2月12日閲覧。
  12. ^ a b Adam Wilt (2014年2月20日). “HPA Tech Retreat 2014 – Day 4”. DV Info Net. オリジナルの2014年11月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141101213814/http://www.dvinfo.net/article/trip_reports/hpa-tech-retreat-2014-day-4.html 2014年11月5日閲覧。 
  13. ^ BT.2124 : Objective metric for the assessment of the potential visibility of colour differences in television”. www.itu.int. 2021年4月29日閲覧。