メインメニューを開く

短歌研究新人賞(たんかけんきゅうしんじんしょう)は、短歌の新人賞。

短歌研究社の発行する月刊短歌総合誌「短歌研究」が毎年公募する未発表三十首の中から選ばれる。例年の締め切りは6月1日、受賞作および選考結果は「短歌研究」誌の9月号に掲載され、授賞式は同じく短歌研究社が主催する「短歌研究賞」「現代短歌評論賞」と一緒に9月下旬に行われる。

短歌研究新人賞の第1回は1958年だが、その前に「短歌研究50首詠」として1954年から5回の歴史があり、編集長の中井英夫の単独選考のもと中城ふみ子、寺山修司らが受賞している。

目次

歴代受賞作と受賞者編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 最年少受賞(受賞時17歳9か月)。武田穂佳(18歳9か月)、寺山修司(18歳11か月)、野口あや子(19歳4か月)がそれに次ぐ。

外部リンク編集