メインメニューを開く

矯 公羨(きょう こうせん[1][2]、キェウ・コン・ティエン、ベトナム語: Kiều Công Tiễn / 矯公羨、生年不詳 - 大有11年(938年))は、五代十国時代安南の豪族。『新五代史』および『十国春秋』では皎公羨ベトナム語: Kiều Công Tiễn / 皎公羨)と記される。

矯公羨
各種表記
クォック・グー Kiều Công Tiễn
漢字チュノム 矯公羨
北部発音: キェウ・コン・ティエン
音読み きょう こうせん
テンプレートを表示

生涯編集

峰州中国語版(現在のフート省ベトチバックハックベトナム語版)の豪族として頭角を現した。楊廷芸に仕えていたが、大有10年(937年3月に楊廷芸を殺して[3][4][5][6]自立し[7]節度使を称した[8]。楊廷芸の娘婿であった呉権がこれに対して挙兵した[6][7]ため、矯公羨は財物を送って南漢に救援を求めた[4][5][7]が、大有11年(938年)、万王劉弘操中国語版率いる[7]南漢の援軍が到達する前に呉権の軍に殺害された[3][5][8]

出典編集

  1. ^ 『アジア歴史事典』2、平凡社編、平凡社、1984年4月(原著1960年)、新装復刊版、405頁。ISBN 978-4582108002
  2. ^ 『東洋歴史大辞典』上巻、池内宏矢野仁一橋本増吉編、臨川書店、1986年10月1日(原著1937年)、縮刷復刻版、762頁。ISBN 978-4653014690
  3. ^ a b 越史略中国語版』巻上 歴代守任
  4. ^ a b 大越史記全書』外紀巻之五 南北分争紀
  5. ^ a b c 十国春秋』巻六十一 南漢四 列伝
  6. ^ a b ベトナム史略』 第1巻 第2部 第5章 第三次北属
  7. ^ a b c d 新五代史』巻六十五 南漢世家第五
  8. ^ a b 小倉貞男『物語ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』〈中公新書〉、58-59頁。ISBN 4-12-101372-7