矯 順(きょう じゅん、キェウ・トゥアン、ベトナム語Kiều Thuận矯順、生年不詳 - 太平元年(970年))は、ベトナム十二使君の一人。矯令公ベトナム語Kiều Lệnh Công矯令公)とも称された。

矯順
各種表記
漢字チュノム 矯順
北部発音: キェウ・トゥアン
音読み きょう じゅん
テンプレートを表示

生涯編集

矯公羨の孫。矯公罕の弟にあたる。祖父の死後呉権に仕えた。呉朝の衰退に乗じて回湖(現在のフート省カムケー県)を拠点に自立したが、丁部領に敗れて降伏した。