メインメニューを開く

石丸 久(いしまる ひさし、1921年10月31日 - 1999年12月26日)は、日本の近代文学者。早稲田大学講師、早稲田大学高等学院教諭、代々木ゼミナール講師。

人物編集

北海道河東郡帯広町(現帯広市)に父・庄七と母・なほこの長男として生まれる。ヨーロッパでの生活経験があり英語・ドイツ語・フランス語に堪能。旧制千葉県立佐倉中学校旧制静岡高等学校、旧制第二早稲田高等学院を経て、早稲田大学・および同大学院を卒業。大手大学受験予備校代々木ゼミナールの講師も務めた。

著書編集

  • 現代国語 入試戦法 急所と対策 有精堂出版 1967.4
  • 『私の漢字教室 わるいカンジ・いいカンジ 学芸図書 1973
  • 『おもかげ艸子 古典の心をかいまみて』(学芸図書、1974年)
  • 『国語がおもしろくなる本 ガリ勉よりゆっくり行こう!』潮文社リヴ、1974年)
  • 『魂(たま)ぞかへらむ』(学芸図書、1974年)
  • 『石丸の現代国語』(代々木ライブラリー、1976年)
  • 『現代国語ゼミナール』有精堂、1976年)
  • 『現代文学通観』(学芸図書、1976年)
  • 『受験ゼミ漢字100話』(旺文社、1977年)
  • 漢字問題の総しあげ 短期演習 三省堂 1978]
  • 『現代日本文学史概説』(学芸図書、1979年頃)

共編著編集

  • 現代日本文学 伊狩章,村松定孝共編著 矢島書房 1955
  • わるいカンジいいカンジ 正しい漢字の記憶法 矢島書房 1961