石井信忠 (安芸守)

日本の戦国時代から安土桃山時代にかけての武将

石井 信忠(いしい のぶただ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将肥前国戦国大名龍造寺氏旗本部将。重臣石井石見守忠次の次男。同じ石井四郎左衛門信忠の母方のおじにあたる。

 
石井 信忠
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正12年3月24日1584年5月4日
戒名 日安
墓所 佐賀県佐賀市妙玉寺
※但し、墓地は現存せず
官位 安芸受領名
主君 龍造寺隆信
氏族 肥前石井氏藤原氏
父母 父:石井忠次、母:牛島家泰の娘
兄弟 忠修信忠石井常忠室、石井忠時室 他
正室:大宝院(石井忠俊の娘)
鍋島茂里鍋島茂賢石井茂雅室、石井六郎左衛門
テンプレートを表示

生涯編集

父、兄らに従って龍造寺隆信に仕え、武勲から隆信より偏諱を授けられ、「信忠」と名乗る。

永禄6年(1565年)6月、龍造寺隆信が、肥前国三根郡中野城馬場鑑周を攻めたとき、先鋒を命じられた父の石井忠次隊に属して奮闘した。

天正12年(1584年)、隆信の旗本として沖田畷の戦いに従軍し、戦死した。

信忠の戦死後、正室の大宝院(石井左衛門尉忠俊の娘)は、次男の孫六(後の鍋島安芸守茂賢)を連れて、肥前国杵島郡俵石城深堀純賢に再嫁し、孫六が深堀氏(後に深堀鍋島家)の継嗣となった。

後の佐賀藩鍋島直茂とは諸所の戦陣で轡を並べた仲であり、その縁で嫡男の主水佑茂里を、男子に恵まれなかった直茂の養子に望まれる。後に直茂に嫡男勝茂が生まれると、信忠は茂里の養子縁組を解消したい意向を伝えるが、直茂は「勝茂の後見役にするつもりである」といい、首肯しなかった。その直茂との縁によって、信忠の子孫は江戸時代を通じて佐賀藩の重臣として二家(横岳鍋島家・深堀鍋島家)が栄えた。