石井健太郎 (棋士)

日本の将棋棋士

石井 健太郎(いしい けんたろう、1992年4月13日 - )は、日本将棋連盟所属の棋士所司和晴七段門下。棋士番号は293。千葉県千葉市出身。千葉日本大学第一小学校[1]千葉日本大学第一中学校・高等学校[2]日本大学経済学部産業経営学科出身[3]

 石井健太郎 七段
名前 石井健太郎
生年月日 (1992-04-13) 1992年4月13日(32歳)
プロ入り年月日 2013年10月1日(21歳)
棋士番号 293
出身地 千葉県千葉市
所属 日本将棋連盟(関東)
師匠 所司和晴七段
段位 七段
棋士DB 石井健太郎
2024年3月6日現在
テンプレートを表示

棋歴

祖父に将棋盤を貰ったことをきっかけに、将棋に興味を持ち始め、所司には奨励会入会前(幼稚園時代)から将棋教室で教わったという[3]。2003年、第28回小学生将棋名人戦に千葉県代表として出場[1]

2004年9月29日に6級で奨励会に入会。初段まで順調に昇級及び昇段を続け、初段から二段に1年2ヶ月、二段から三段に1年8ヶ月とややもたついたものの、2010年3月(高校2年生当時)に三段リーグへの参加権を獲得した。

初参加から3期目(2011年度前期・第49回)は昇段争いの8番手で最終日を迎え、自身が連勝し、2番手から7番手の参加者が全員1敗以上すれば2位となる状態で連勝を遂げ、更に2番手から6番手の参加者が全員1敗ずつしたものの、7番手の藤森哲也も連勝したため“頭ハネ”[4]を喰らい3位(次点の獲得)に留まってしまった。 第50回・第52回でも、次点獲得の可能性を残して最終日を迎えたが、いずれも連勝できずフリークラス編入権を逸した。 しかし、第53回(2013年度前期)では前半から好調を維持しトップ独走の状態から逃げ切り、最終日を待たずして2位以上を確定させ[5]、最終的に15勝3敗・1位の成績を修め、四段昇段(プロ入り)[5][3]

第1回(2011年度)加古川青流戦に奨励会三段として参加し、2回戦で瀬川晶司、3回戦で渡辺大夢、準々決勝で永瀬拓矢にそれぞれ勝利し、ベスト4に進出した。(準決勝で当年度優勝者の船江恒平に敗れる。)

2015年度には、第9回朝日杯の二次予選 決勝で佐藤康光九段に勝利し、本戦へ出場(本戦は1回戦で当年度優勝者の羽生善治名人に負け)。

プロ4年目(順位戦は3期目)となる2016年度は、前年度の成績優秀につき第66回(2016年度)NHK杯将棋トーナメントでシード(予選免除)となり、本戦トーナメントに初出場(前期の第65回NHK杯は予選1回戦で、中村亮介五段に負け)。本戦1回戦では、師匠である解説の所司和晴七段が見守るなか、大石直嗣六段に勝利した。

2017年10月30日、第59期王位戦予選(対横山泰明六段)に勝ち、五段に昇段した[6]

第76期(2017年度)順位戦C級2組では8勝2敗の成績を挙げるも、順位差で昇級を逃した。

第77期(2018年度)順位戦C級2組では前年同様8勝2敗の成績を挙げるも、今度は前年度の好成績による順位差により3番目の昇級枠に滑り込み昇級を果たした。

第78期(2019年度)順位戦C級1組では9勝1敗の好成績だったが、近年の競争の激しさ(C級1組では74期から5期連続で9勝1敗頭ハネが発生)と昇級直後の順位の悪さにより昇級はならなかった。

2022年度、第70期王座戦では本戦準々決勝で渡辺明名人を破り準決勝進出。

第82期(2023年度)順位戦B級2組では8勝2敗の好成績でB級1組に昇級し、七段に昇段した。

得意戦法及び棋風

四段昇段の際のインタビューでは、矢倉及び四間飛車を得意とし、どちらかといえば受け将棋で、手厚い棋風を目指し、森内俊之の棋譜を見て研究している旨を答えた[3]。特に、角道を止めるノーマル四間飛車を多く採用する。 2020年からは四間飛車の採用が少なくなっている。

人物

  • 色紙や自著には「闘志」と書くことが多い[7]
  • 2024年1月29日、自身の結婚を日本将棋連盟を通して公表した[8]

昇段履歴

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2004年09月00日 : 6級 = 奨励会入会
  • 2007年06月00日 : 初段
  • 2008年08月00日 : 二段
  • 2010年03月00日 : 三段(第47回奨励会三段リーグ<2010年度前期>より三段リーグ参加)
  • 2013年10月01日 : 四段(第53回奨励会三段リーグ成績1位) = プロ入り[5][3]
  • 2017年10月30日 : 五段(勝数規定 /公式戦100勝、通算100勝61敗)[6]
  • 2020年06月05日 : 六段(竜王ランキング戦連続昇級、通算173勝94敗)[9]
  • 2024年03月06日 : 七段(順位戦B級1組昇級、通算260勝145敗)[10][11]

主な成績

在籍クラス

順位戦・竜王戦の在籍クラスの年別一覧
開始
年度
(出典)順位戦 (出典)竜王戦
名人 A級 B級 C級 0 竜王 1組 2組 3組 4組 5組 6組 決勝
T
1組 2組 1組 2組
2013 72 四段昇段前 27 6組 -- 2-2
2014 73 C247 6-4 28 6組 -- 4-2
2015 74 C219 7-3 29 6組 -- 3-2
2016 75 C211 7-3 30 6組 -- 5-1
2017 76 C207 8-2 31 5組 -- 2-2
2018 77 C202 8-2 32 5組 -- 4-1
2019 78 C134 9-1 33 4組 -- 5-1
2020 79 C104 6-4 34 3組 -- 1-2
2021 80 C108 7-3 35 3組 -- 0-2
2022 81 C103 9-1 36 4組 -- 5-2
2023 82 B221 8-2 37 4組 --
2024 83 B113 38
順位戦、竜王戦の 枠表記 は挑戦者。右欄の数字は勝-敗(番勝負/PO含まず)。
順位戦の右数字はクラス内順位 ( x当期降級点 / *累積降級点 / +降級点消去 )
順位戦の「F編」はフリークラス編入 /「F宣」は宣言によるフリークラス転出。
竜王戦の 太字 はランキング戦優勝、竜王戦の 組(添字) は棋士以外の枠での出場。

年度別成績

公式棋戦成績
年度 対局数 勝数 負数 勝率 (出典)
2013 8 6 2 0.7500 [1]
2014 38 22 16 0.5789 [2]
2015 52 37 15 0.7115 [3]
2016 43 24 19 0.5581 [4]
2017 41 27 14 0.6585 [5]
2018 41 26 15 0.6341 [6]
2019 39 27 12 0.6923 [7]
2020 42 29 13 0.6904 [8]
2013-2020
(小計)
304 198 106
年度 対局数 勝数 負数 勝率 (出典)
2021 31 14 17 0.4516 [9]
2022 36 24 12 0.6666 [10]
2023 40 26 14 0.6500 [11]
2021-2023
(小計)
107 64 43
通算 411 262 149 0.6374 [12]
2023年度まで

脚注

  1. ^ a b 第28回小学生将棋名人戦【代表選手一覧】”. www.shogi.or.jp. 2021年1月20日閲覧。
  2. ^ 掲示板 各界で活躍するホープ達 | 千葉日本大学第一中・高等学校公式ブログ”. 2021年1月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e 石井健太郎、三枚堂達也 新四段誕生のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2013年9月7日). 2017年10月31日閲覧。
  4. ^ 三段リーグは、順位戦と同様のシステムで行われる。当回の場合、前回(2010年度後期・第48回)の成績に基づき決定されたリーグ順位は藤森が8位、石井が9位だったため、上位の藤森が四段昇段となった。
  5. ^ a b c 新四段誕生のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2013年8月21日). 2017年10月31日閲覧。
  6. ^ a b 石井健太郎四段が五段に昇段|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2017年10月31日). 2017年10月31日閲覧。
  7. ^ 日本将棋連盟・販売部直販の「四間飛車の逆襲 」(マイナビ将棋BOOKS)など
  8. ^ 石井健太郎六段が結婚|将棋ニュース, 日本将棋連盟, (2024-01-29), https://www.shogi.or.jp/news/2024/01/post_2393.html 
  9. ^ 石井健太郎五段が六段に昇段|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2020年6月8日). 2020年6月9日閲覧。
  10. ^ 石井健太郎六段が七段に昇段|将棋ニュース』日本将棋連盟、2024年3月7日https://www.shogi.or.jp/news/2024/03/post_2408.html 
  11. ^ 通算成績(2024年3月5日対局分まで、未放映のテレビ対局を除く)』日本将棋連盟。オリジナルの2024年3月7日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20240307040552/https://www.shogi.or.jp/game/record/all.html 

関連項目

外部リンク