石井 利雄(いしい としお、1912年明治45年)4月10日 - 2001年平成13年)1月12日)は、日本の造船技師(専門は舶用内燃機関、造船の生産技術品質管理などの生産管理全般)、海軍軍人予備将校)、実業家である。最終階級は海軍中尉従七位。とくに、戦時急造された海防艦の専門家であり、戦時中、御蔵型など40隻の海防艦を竣工させた。戦後は、南極観測船の建造にも関わった。ブロック工法(ブロック建造方式)による艦船建造の先駆者の一人。

石井 利雄
いしい としお
Image59.jpg
1943年頃の石井利雄海軍中尉
生誕 1912年4月10日
佐賀県神埼市
死没 2001年1月12日
神奈川県横浜市
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 大日本帝国海軍
軍歴 1936年(少尉任官) - 1945年(廃官)
最終階級 海軍中尉
日本鋼管(株)造船本部技師、日本ブラストマシン(株)専務取締役
テンプレートを表示

経歴編集

佐賀県神埼市出身。生家は佐賀藩鍋島家の藩祖以来の外戚家門石井家。初代藩主鍋島勝茂の従兄石井茂成の8代目の子孫という。

神埼市立神埼小学校を経て、佐賀県立佐賀中学校(現・佐賀西高等学校)に進学。中学卒業後、官立神戸高等商船学校機関科(現・神戸大学海事科学部)第20期に進み、首席で卒業。在校中、海軍予備生徒機関科第51期生として、海軍砲術学校佐世保海軍工廠霞ヶ浦海軍航空隊等で学んだ。卒業後、1936年正式に海軍予備機関少尉に任官する。

1935年三井物産株式会社に入社し、同社船舶部(現・株式会社商船三井)が運航していた欧米航路の大型商船に乗船勤務。当時貴重な海外渡航を経験する。1938年になると、戦時体制が本格化し、海軍省より、造船技師として軍艦建造の任務への従事を命じられ、当時、海軍艦政本部の監督下にあった日本鋼管株式会社(現・JFEエンジニアリング株式会社)鶴見造船所(現・株式会社ジャパンマリンユナイテッド横浜事業所鶴見工場)に派遣されることになった。そこでは、海軍の駆潜艇や海防艦の建造に従事し、主に生産技術・品質管理などの生産管理全般を担当し、当時画期的であったブロック工法や電気溶接といった艦船建造の最新技術を研究、実用する。このとき、艦政本部四部員の遠山光一海軍技術中佐(後の日本鋼管副社長)、同本部五部員の魚住順治海軍少佐(後の海上自衛隊海将、日本鋼管顧問)らとともに海防艦の建造に従事している。また、造船所と艦政本部との調整役としても活躍した。戦時中、御蔵型、鵜来型丙型をはじめとする海防艦合計40隻(終戦後、復員輸送艦として竣工したものを含む)の建造に従事した。海防艦は日本海軍が太平洋戦争中最も多く建造した艦種で、その数は170隻を超えるに及び、海防艦建造はまさに一大国家プロジェクトであった。石井たちは、日本に物資を運搬してくる商船団を護衛する海防艦を、急ぎ配備すべく、昼夜を問わず建造にあたり、月産5~6隻という驚異的スピードで艦を竣工させ、日本鋼管は戦時中、海防艦を最も多く建造したメーカーになった。とくに、海防艦鵜来は、石井たちが心血を注いで建造し、日本海軍初のブロック工法により建造された艦艇となった。ブロック工法は戦後の造船の主力工法として定着する。しかし、三井物産が運航する欧米航路の優秀船に乗船勤務がある石井にとって、戦時急造とはいえ、海防艦の性能的限界(優秀な商船に及ばない性能)を知りつつ、戦場に送り出し、しかも、高等商船学校の先輩・同級生・後輩たちが海防艦に乗り組んでいたこともあって、悩みながらの任務遂行となったという。

石井は1942年に海軍予備中尉に進級し、翌年官名改正により海軍中尉となり、終戦を迎える。

 
日本鋼管鶴見で進水する海防艦鵜来。日本海軍初のブロック工法により建造された艦艇。

戦後は、日本鋼管株式会社鶴見造船所検査課長、同社清水造船所造機部長、造船本部船舶部次長を歴任し、海上保安庁巡視船、海上自衛隊の掃海艇砕氷艦南極観測船)をはじめ、戦後の造船好況下において、タンカー貨物船客船などの多種多様な商船の建造に関わった。その後、1965年系列の中堅機械メーカー日本ブラストマシン株式会社(現・JFEプラントエンジ株式会社)の常務取締役に就任。以降、専務取締役、相談役を歴任し15年にわたって同社の経営にあたり、その発展に貢献した。

2001年1月12日死去。享年88。

年譜編集

 
日本鋼管鶴見の浅野船渠で改修された南極観測船宗谷。
 
日本鋼管鶴見で建造された南極観測船ふじ。

建造を担当した海軍艦艇編集

 
日本鋼管鶴見で石井たちが建造した丙型海防艦17号。
    • 占守型海防艦…国後(1隻)
    • 択捉型海防艦…佐渡、対馬(2隻)
    • 御蔵型海防艦…御蔵、三宅、倉橋、千振、草垣(5隻)
    • 鵜来型海防艦…鵜来、沖縄、奄美、粟国(4隻)
    • 丙型海防艦…第5号、第7号、第13号、第15号、第17号、第19号、第25号、第29号、第31号、第33号、第35号、第39号、第41号、第47号、第49号、第53号、第55号、第57号、第59号、第71号、第73号、第77号、第79号、第85号、第87号、(以下復員輸送艦として竣工)第97号、第105号、第107号(28隻)

関連項目編集