石井 十次(いしい じゅうじ、1865年5月5日慶応元年4月11日) - 1914年大正3年)1月30日)は、明治期の慈善事業家で、岡山孤児院を創設した人物である。その功績から、「児童福祉の父」と言われる。アリス・ペティ・アダムス留岡幸助山室軍平とともに「岡山四聖人」と称される。

いしい じゅうじ
石井 十次
生誕 (1865-05-05) 1865年5月5日
日本の旗 日本 日向国児湯郡上江村馬場原
死没 (1914-01-30) 1914年1月30日(48歳没)
宮崎県児湯郡高鍋町
死因 腎臓病
出身校 第三高等中学校医学部
宗教 キリスト教
配偶者 内野品子、吉田辰子
子供 石井友子
石井万吉・乃婦子

彼は岡山医師を目指して、岡山医学校(現在の岡山大学医学部)の医学生として研修中であったが、生活に困窮する母親から子どもを預かったことをきっかけに孤児教育会を設立する。その後、預かる子どもの数が増え、育児事業に専念するために医師として働くことを断念した。そして英国キリスト者ジョージ・ミュラーをモデルにして、キリスト教信仰に根ざした岡山孤児院を創設して[1][2]、生涯を孤児救済に捧げた。

岡山孤児院はすでに存在しないが、その流れをくむ石井記念友愛社宮崎県)と愛染橋保育園大阪府)が、各種の福祉活動をおこなっている。

略歴編集

  • 1865年5月5日慶応元年4月11日) - 日向国児湯郡上江村馬場原(現在の宮崎県児湯郡高鍋町馬場原)で、高鍋藩の下級武士、石井万吉・乃婦子夫妻の長男として生まれる。城竹窓のもと漢学を学ぶ。城は石井のことを「善悪ともに極端に走る直情径行の典型」と評した。
  • 1879年明治12年) - 海軍士官を志し東京の攻玉社に入学するも脚気により1年で退学。
  • 1880年(明治13年) - 製糸業の事業家を志すも酒席で書いた反政府の檄文により国事犯で投獄。獄中で孟子に親しみ、同房者から西郷隆盛が農村で土地開墾をしていることを聞く。
  • 1881年明治14年) - 幼馴染の内野品子と結婚。西郷に倣い荒地の開墾を始めるも水不足により断念。上江小学校で教鞭を執る。
  • 1882年(明治15年) - 宮崎警察署の巡査となる。友人の妹で遊郭で働く女性と親しくなり性病に罹患、医師の荻原百々平と出会い聖書を渡され医学を勧められる。医学を学ぶため岡山市に移住。キリスト教に入信。岡山甲種医学校に入学。
  • 1884年(明治17年) - 岡山基督教会(現日本基督教団岡山教会)で洗礼を受ける。
  • 1886年(明治19年) - 岡山県甲種医学校の進級試験に失敗する。上阿知の診療所で代理診療を行う。
  • 1887年(明治20年) - 巡礼途中で夫に先立たれた母親から一人の男児を引き取る。これをきっかけに9月22日[3]、孤児教育会(後の岡山孤児院)を岡山市の三友寺で創設。ぼろ軒の下学校を始める。
  • 1888年(明治21年) - 小林富次郎商店(現在の株式会社ライオン)より寄付金の提供が始まる。
  • 1889年(明治22年) - 孤児救済に生涯を捧げることを決意し、第三高等中学校医学部[4]を中退。アメリカ少年会より寄付金。
  • 1892年(明治25年) - 前年濃尾地震に被災した孤児93人のため名古屋市に孤児院を開設(翌年には閉鎖し、院児は岡山へ)。
  • 1894年(明治27年) - 郷里である宮崎県の茶臼原(ちゃうすばる、現在の木城町西都市)へ移住するため、院児25人が現地で開墾を始める。
  • 1895年(明治28年) - 品子死去。吉田辰子と再婚。
  • 1895年(明治28年)3月17日 - 石井は岡山教会の安部磯雄牧師を訪ね、トルストイの著書2冊と社会論1冊を借り、午後安部の説教を聞いたが、批判的な所感を日誌に残している。その後石井は安部より大きな影響を受けた[5]
  • 1897年(明治30年) - アメリカ人ビンリングスより寄付金。
  • 1898年(明治31年) - 私立岡山孤児院尋常高等小学校を設立する。大原孫三郎と知り合い、それ以降、経済的な援助を受ける。孤児による音楽隊、音楽幻灯隊が活動を始める。
  • 1899年(明治32年) - 幼稚園を設立。在清国セルデン氏より寄付金。
  • 1901年(明治34年) - 大原孫三郎に石井スエ(大原寿恵子)を紹介。二人は結婚。
  • 1904年(明治37年) - 日露戦争による戦争孤児63名を受け入れる。
  • 1906年(明治39年) - 東北地方凶作による孤児824名を受け入れる。岡山孤児院の収容者数が1,200人を超える。
  • 1907年(明治40年) - 東京事務所と大阪事務所を開設。
  • 1909年(明治42年) - 大阪に愛染橋保育所と愛染橋夜学校を、東京に日本橋同情館(職業紹介、代書、代読、施療周旋)を設立。
  • 1912年(大正元年) - 随時実行していた茶臼原への孤児院の移転が、女子部移転をもってほぼ完了。
  • 1913年(大正02年) - 私立茶臼原尋常小学校を設立。長女友子が、大原孫三郎夫妻を媒酌人として、洋画家児島虎次郎と結婚。
  • 1914年(大正03年) - 長女友子の出産電報で知る。同日、持病の腎臓病が悪化し、永眠。48歳。
  • 1917年(大正06年) - 大原孫三郎が岡山孤児院大阪事務所を拡張し、財団法人石井記念大阪愛染園を設立。愛染橋保育所と愛染橋夜学校の事業を引き継いだほか、救済事業研究室を付設(法政大学大原社会問題研究所の前身)。その後は社会福祉法人石井記念愛染園となり、病院保育園特別養護老人ホームなどを運営。
  • 1926年(大正15年) - 岡山孤児院、茶臼原孤児院が活動を終了する。
  • 1945年昭和20年) - 茶臼原孤児院が、太平洋戦争の被災孤児救済を目的に石井記念友愛社として活動を再開、その後、社会福祉法人石井記念友愛社となり、児童養護施設、保育園などを運営。
  • 1966年(昭和41年) - 生誕100年となる。石井十次記念館(岡山孤児院の家族舎、一棟のみ)が財団法人石井十次記念聖園に譲渡される。その後、石井十次記念聖園の解散により、1981年(昭和56年)に児童養護施設を運営する社会福祉法人新天地育児院に譲渡される。
  • 1981年(昭和56年) - 財団法人石井十次顕彰会が設立される。

家族編集

  • 親 - 父:石井万吉 母:石井乃婦子
  • 子供 - 石井友子
  • 配偶者 - 内野品子(1人目・死別)、吉田辰子(2人目・自由民権運動家吉田一士の未亡人)[6]

石井十次に関連する作品編集

石井十次賞編集

1990年石井十次顕彰会(宮崎県)により石井十次賞が創設され、毎年、石井十次の精神を継承し福祉活動に尽力している団体にこの賞が贈られている。

歴代受賞者編集

表彰年度 石井十次賞
1 1992年 社会福祉法人 北海道家庭学校
2 1993年 田村一二
3 1994年 松島正義
4 1995年 社会福祉法人 愛育社
5 1996年 社会福祉法人うみのほし会 浦上養育院
6 1997年 社会福祉法人 横浜訓盲院
7 1998年 加賀見日聰
8 1999年 社会福祉法人 広島修道院
9 2000年 社会福祉法人 キリスト教児童福祉会 愛隣園
10 2001年 社会福祉法人 福島愛育園
11 2002年 社会福祉法人 二葉保育園
12 2003年 社会福祉法人 愛知育児院
13 2004年 宮城まり子
14 2005年 社会福祉法人ブレル会 希望の灯学園
15 2006年 社会福祉法人 仙台キリスト教育児院
16 2007年 社会福祉法人 児童養護施設 似島学園
17 2008年 社団法人 家庭養護促進会
18 2009年 社会福祉法人 児童養護施設 藤聖母園
19 2010年 社会福祉法人 愛媛慈恵会
20 2011年 社会福祉法人 救世軍事業団 救世軍希望館
社会福祉法人 石井記念友愛社
21 2012年 社会福祉法人 思恩会 七窪思恩園
22 2013年 石井哲夫
23 2014年 社会福祉法人 南野育成園
24 2015年 長谷場夏雄
25 2016年 社会福祉法人 別府光の園
26 2017年 福島一雄
27 2018年 社会福祉法人 康保会玉淀園
28 2019年 阿部志郎
29 2020年 黒柳徹子

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 木原活信「ジョージ・ミュラーが石井十次に及ぼした影響」『石井十次の研究』同志社大学人文科学研究所編、室田保夫・田中真人編著、同朋舎角川書店(発売)〈同志社大学人文科学研究所研究叢書〉、1999年、1-26頁。ISBN 4-8104-2555-X
  2. ^ 岡山孤児院は、「日本で最初の孤児院」と言われることもあるが、これは誤りである。それ以前にも、1869年松方正義による「日田養育館」や、1974年岩永マキによる「子部屋」(後の浦上養育院)などの先行する取り組みがある。
  3. ^ 石井十次の生涯と思想 柴田善守
  4. ^  『大百科事典 第二巻 第一冊』(平凡社, 1937)103頁 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  5. ^ 井口隆史『安部磯雄の生涯 : 質素之生活 高遠之理想』早稲田大学出版部、2011年、90-97頁。ISBN 978-4-657-11006-0
  6. ^ 柴田善守 『石井十次の生涯と思想』 石井記念愛染園、1964年、105頁

参考文献編集

関連項目編集

出典編集

外部リンク編集