メインメニューを開く

石井 和紘(いしい かずひろ、1944年2月1日 - 2015年1月14日)は、日本の建築家。処女作である直島町立直島小学校の設計を当時東大紛争の混乱の中でやり遂げたことを当時の直島町長・三宅親連から高く評価され、以後「直島建築」と称される直島町の公共施設の設計を一手に任される。母方の祖父に陸軍中将大場四平

石井和紘
生誕 (1944-02-01) 1944年2月1日
東京都
死没 (2015-01-14) 2015年1月14日(70歳没)
東京都港区
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学大学院
職業 建築家
受賞 日本建築学会賞作品賞(1989年)
所属 (株)石井和紘建築研究所
建築物 54の屋根
数奇屋邑
直島町総合福祉センター

略歴編集

受賞歴編集

主な作品編集

 
直島町役場
 
清和文楽館

著書編集

  • 1977年 - 『イェール建築通勤留学』
  • 1982年 - 『建築家の発想』
  • 1985年 - 『数奇屋の思考』
  • 『日本建築の再生』
  • 『日本の建築家2 石井和紘』
  • 1988年 - 『私の建築辞書』
  • 1989年 - 『SD8904特集 石井和紘 54の作品』
  • 1991年 - 『現代の建築家 石井和紘』
  • 1994年 - 『私の建築手法』
  • 1995年 - 『自立する直島』
  • 1997年 - 『建築の地球学』

石井和紘建築研究所出身の建築家・研究者編集

脚注編集

  1. ^ “建築家の石井和紘氏死去”. 産経ニュース (産経新聞社). (2015年1月20日). オリジナルの2015年1月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150120175557/http://www.sankei.com/life/news/150120/lif1501200019-n1.html