メインメニューを開く

石井 多加三(いしい たかぞう、1921年大正10年)2月14日 - 2014年平成26年)6月15日)は日本の実業家、元国際電信電話(現・KDDI)社長、元郵政事務次官岡山県岡山市出身。次男の石井洋二郎は東京大学大学院総合文化研究科長・教養学部長。

略歴編集

  • 1943年(昭和18年) - 東京帝国大学法学部を卒業、逓信省へ入省。
  • 1967年(昭和42年) - 郵政省郵政局次長に就任。
  • 1968年(昭和43年) - 郵政省名古屋郵政局長に就任。
  • 1969年(昭和44年) - 郵政省大臣官房資材部長に就任。
  • 1971年(昭和46年) - 郵政省貯金局長に就任。
  • 1973年(昭和48年) - 郵政省郵務局長に就任。
  • 1975年(昭和50年) - 郵政事務次官に就任。
  • 1977年(昭和52年) - 日本データ通信協会理事長に就任。
  • 1978年(昭和53年) - 郵便貯金振興会理事長に就任。
  • 1982年(昭和57年) - 国際電信電話副社長に就任。
  • 1985年(昭和60年) - 国際電信電話社長に就任。
  • 2014年(平成26年)6月15日午後3時30分 - 肺炎のため東京都杉並区で93歳で死去[1]

参考編集

  • 交詢社 第69版 『日本紳士録』 1986年

脚注編集