メインメニューを開く

石井 宏子(いしい ひろこ、1964年10月26日 - )は、日本政治家教諭千葉県君津市長(1期)。元千葉県議会議員(3期)、元君津市議会議員(1期)。

石井 宏子
いしい ひろこ
生年月日 (1964-10-26) 1964年10月26日(55歳)
出生地 埼玉県
出身校 上野学園大学音楽学部音楽学科
所属政党無所属→)
民主党→)
民進党→)
無所属
公式サイト 君津市長 石井ひろ子オフィシャルサイト

当選回数 1回
在任期間 2018年11月1日 - 現職

選挙区 君津市選挙区
当選回数 3回
在任期間 2007年4月30日 - 2018年

Flag of Kimitsu, Chiba.svg 君津市議会議員
当選回数 1回
在任期間 2003年9月28日[1] - 2007年
テンプレートを表示

来歴編集

埼玉県生まれ。5歳のときに新日鐵君津市進出とともに木更津市に転入。木更津市立清見台小学校、木更津市立太田中学校、千葉県立木更津高等学校卒業。1987年(昭和62年)3月、上野学園大学音楽学部音楽学科卒業。同年4月、音楽教諭となり君津市に赴任。君津市立亀山中学校、君津市立周西中学校、君津市立南子安小学校などに奉職[2]。1996年(平成8年)、重度の障害がある長男の出産を機に退職した[3]。その後君津市特別非常勤講師として合唱指導に関わる。

2003年(平成15年)9月、君津市議会議員に初当選。こども家庭相談室の創設、子育て支援センターの創設などに取り組んだ[2]

2007年(平成19年)4月、千葉県議会議員選挙に無所属で立候補し初当選[4]。2011年(平成23年)、民主党公認で立候補し再選[5]。2015年(平成27年)、3期目の当選を果たす[6]

2018年(平成30年)8月24日、君津市長選挙へ立候補する意向を表明[7]。同年10月14日に行われた市長選に連合千葉の推薦を受けて立候補[8]。鈴木洋邦市長から後継指名を受けた元県庁職員の渡辺吉郎(自民党公明党推薦)、元市議の安藤敬治ら2候補を破り初当選した[9]。11月1日、市長就任。

※当日有権者数:72,292人 最終投票率:50.55%(前回比:-2.86%)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
石井宏子53無所属16,084票44.47%(推薦)連合千葉
渡辺吉郎61無所属14,736票40.75%(推薦)自由民主党公明党
安藤敬治70無所属5,345票14.78%

脚注編集

外部リンク編集