メインメニューを開く

石井 常英(いしい つねひで、1864年2月27日文久4年1月20日) - 1917年大正6年)7月13日)は、日本の官僚裁判官

来歴編集

佐賀藩士の司法官納富利邦の次男として佐賀県に生まれる。1868年慶応4年)8月、佐賀藩士石井虎三郎の養子となり家督を継ぐ。

1887年(明治20年)、東京帝国大学法学部英法科を卒業し、司法省に入省。横浜地方裁判所長を経て、1907年(明治40年)8月、台湾総督府覆審法院長(第六代)に就任。在任中に死去した。

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第8257号「叙任及辞令」1910年12月28日。
  2. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。