石井政雄

日本の陸上自衛官

石井 政雄(いしい まさお、1931年昭和6年)1月29日 - 2007年平成19年)5月9日)は、日本陸上自衛官。第20代陸上幕僚長、第17代統合幕僚会議議長

石井 政雄
生誕 1931年1月29日
日本の旗 日本 千葉県
死没 (2007-05-09) 2007年5月9日(76歳没)
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1954 - 1990
最終階級 JGSDF General insignia (a).svg 統合幕僚会議議長たる陸将
除隊後 日本戦略研究フォーラム副理事長
テンプレートを表示

略歴編集

千葉県出身。松戸旧家の生まれ[1]。中学3年で終戦を迎えたため、目指す陸士に進めず、地元の高校から立教大学へ進学[1]。大学を卒業後は計算機の会社に就職した[1]。1年間の研修が終わるころ、たまたま訪れた都庁保安隊幹部候補生募集のポスターを見て入隊を決意[1]

陸上自衛隊では、自衛隊栃木地方連絡部長第30普通科連隊長、第11師団長、陸上幕僚副長等の要職を歴任し、第20代陸上幕僚長に就任。旧軍の教育を受けていない初の陸幕長であった。統合幕僚会議議長在職中は、日本版DIAである情報本部構想の推進(1997年1月に設立)に努めた。また、第11師団長であった1985年(昭和60年)に真駒内駐屯地内にさっぽろ雪まつり資料館をオープンさせた。

年譜編集

栄典編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 朝雲新聞(昭和61年4月3日)第6面「今週の顔」
  2. ^ 『官報』号外第89号(平成14年4月30日)
  3. ^ 『官報』本紙第4601号(平成19年6月11日)
先代:
森繁弘
統合幕僚会議議長
第17代:1987年 - 1990年
次代:
寺島泰三
先代:
中村守雄
陸上幕僚長
第20代:1986年 - 1987年
次代:
寺島泰三