メインメニューを開く

石井 淳蔵(いしい じゅんぞう、1947年9月28日 - )は、日本の経営学者流通科学大学元学長神戸大学名誉教授商学博士(神戸大学、1988年)。専攻はマーケティング、マーケティングマネジメント、ブランド論、流通システム論など。大阪府出身。

概要編集

日本マーケティング研究におけるパイオニアの一人。広義のマーケティング論から、ブランド営業インターネットマーケティングなど幅広い研究分野を持つ。 研究者で言えば経営戦略論研究の加護野忠男組織論研究の坂下昭宣が同期にあたり、3人は神戸大学の学部生時代からの朋友である。

2000年の広告批評上で行われた糸井重里との対談「インターネット的、偶発的そして人間的」では、インターネットの未来への方向性を示し、その研究活動への先鞭を付けた。また、ビジネスの現場に則した研究成果には実務界からの評価も高く、日本全国で多数の講演活動も行っている。

近年では、慶應義塾大学嶋口充輝らと共編著で出版した『ゼミナール・マーケティング入門』が実務界・学会双方から好評。フィリップ・コトラーを超えることを目指した、マーケティングの決定版テキストである。

略歴編集

学歴編集

職歴編集

  • 1975年4月 - 神戸大学経営学部助手
  • 1976年4月 - 同志社大学商学部専任講師
  • 1979年4月 - 同志社大学商学部助教授
  • 1986年4月 - 同志社大学商学部教授
  • 1989年4月 - 神戸大学経営学部教授
  • 1999年4月 - 神戸大学大学院経営学研究科教授
  • 2004年4月 - 神戸大学大学院経営学研究科現代経営学専攻長(専門職大学院MBAプログラム)2006年3月まで)
  • 2008年3月 - 神戸大学退職
  • 2008年4月 - 流通科学大学学長(~2016年3月31日)

学外における役職編集

主な受賞歴編集

など。

著書編集

単著編集

他多数。

共著編集

他多数。

訳著編集

外部リンク編集