メインメニューを開く

石井 研士(いしい けんじ、1954年8月13日[1] - )は、日本宗教学者國學院大學神道文化学部教授博士宗教学[2]

目次

来歴編集

東京都出身[3]東京都立小石川高等学校[2]を経て、東京大学人文科学研究科宗教学宗教史学博士課程修了。東京大学文学部助手[2]文化庁宗務課専門職員[2]を経て、現職。

主な著書・訳書編集

著書編集

編書編集

  • 『消費される<宗教>』 春秋社 1996年
  • 『バラエティ化する宗教』 青弓社 2010年
  • 『神道はどこへいくか』 ぺりかん社 2010年
  • 『プレステップ神道学』 弘文堂 2011年

訳書編集

  • カーレル・ドベラーレ著『宗教のダイナミックス-世俗化の宗教社会学』 ヨルダン社 1992年

受賞歴編集

  • 日本宗教学会賞 1994年 (『銀座の神々―都市に溶け込む宗教』)
  • 神道宗教学会賞 1999年 (『社会変動と神社神道』)

関連人物編集

脚注編集

  1. ^ [1]
  2. ^ a b c d 石井研士の現代宗教研究所
  3. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.297

外部リンク編集