メインメニューを開く
石馬(岩戸山古墳)
岩戸山歴史資料館

石人石馬(せきじんせきば)は、九州北部の古墳の墳丘に立て並べられた、人物や馬をはじめとする石造彫刻の総称。

概要編集

5世紀6世紀福岡県大分県熊本県の古墳を中心にみられる。種類は人物(武装石人・裸体石人など)、動物(馬・鶏・猪など)、器財(靫・盾・刀・壷・蓋など)があり、赤や緑で彩色されているものもある。その種類が形象埴輪と種類が共通することから、埴輪を石にうつしたものと考えられている。

主として阿蘇溶結凝灰岩が使われるが、鳥取県石馬谷古墳のものは角閃石安山岩が使われていた。

石人石馬が種類・数ともに最も多いのは八女古墳群岩戸山古墳で、人・動物・器財あわせて100点以上が掘り出されている

石人石馬が出土した古墳編集

ギャラリー編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集