メインメニューを開く

石光 真臣眞臣)(いしみつ まおみ、明治3年5月9日1870年6月7日) - 1937年昭和12年)12月8日)は、日本陸軍軍人。陸軍中将従三位勲一等功四級

石光 真臣
Isimitsu Maomi.jpg
生誕 1870年6月7日
熊本県熊本市
死没 (1937-12-08) 1937年12月8日(67歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1888 - 1925
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

略年譜編集

- 熊本県託摩郡本山村(現・熊本市中央区)に旧熊本藩石光真民、守家の子として生まれた。
- 陸軍幼年学校卒業 野戦砲兵第2連隊入隊
- 陸軍士官学校卒業(1期)
- 陸軍砲兵少尉
- 陸軍大学校卒業(14期)
- ドイツに留学(-1904年4月) 分家して一家を創立する
- 第十連隊大隊長
- 旅順要塞参謀
- 陸軍少将 支那駐屯軍司令官として天津に在勤
- 憲兵司令官
- 陸軍中将
- 馬政局長官
- 第1師団
- 関東大震災の際、帝都警備の為、東京南部警備司令官として活躍
- 予備役
- 胃癌により死去 東京都府中市多磨霊園にある

栄典編集

家族・親族編集

系譜編集

  • 石光家
石光家は身分の軽い武士であったが、細川家肥後入国の時からお供をした家柄であり、代々殿のお側に奉仕していたため特別の取り扱いを受けていた[6]
            
              東季彦
 ┏栃原知定         ┃
 ┃      ┏石光真澄  ┣━━━東文彦
 ┗守家    ┃      ┃ 
   ┃    ┣石光真清━菊枝
   ┣━━━━┫      
   ┃    ┣石光真臣 
┏石光真民   ┃
┃       ┗真津
┃         ┃
┗野田豁通     ┣━━━橋本龍伍━┳橋本龍太郎
          ┃        ┃
        橋本卯太郎      ┗橋本大二郎

       

脚注編集

  1. ^ 『官報』第2576叙任及辞令」1892年2月4日。
  2. ^ 『官報』第2132号「叙任及辞令」1919年9月11日。
  3. ^ 『官報』第3888号「叙任及辞令」1925年8月8日。
  4. ^ 『官報』第2612号「叙任及辞令」1921年4月19日。
  5. ^ 橋本卯太郎、真都(マツ)夫妻のに政治家の橋本龍太郎(元首相)、橋本大二郎(元高知県知事)兄弟がいる
  6. ^ 石光真清著『城下の人』17頁

外部リンク編集