メインメニューを開く

石原 伸司(いしはら しんじ、本名:石毛 義雄[1]1938年(昭和13年)5月25日2018年(平成30年)3月6日)は、日本の元作家、元ヤクザ東京都墨田区出身[2]。「夜回り組長」と呼ばれ度々メディアに登場したが、2017年から翌2018年にかけて強盗殺人や傷害事件を起こし、入水自殺を遂げた[3]

石原 伸司
(いしはら しんじ)
誕生 1938年5月25日
日本の旗 日本 東京都墨田区
死没 (2018-03-06) 2018年3月6日(79歳没)
東京都墨田区
隅田川入水自殺
職業作家、元ヤクザ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

目次

来歴編集

1938年東京都墨田区東両国生まれ[2]。まもなく千葉県習志野市に疎開[2][4]。父親は闇ブローカーで母親は「かつぎや」(闇屋)をしていた[5]。父親の暴力に耐えかねて12歳で家出[6]、東京の繁華街浮浪児として過ごし銀座のナイトクラブのホステスに拾われる[6]。ホステスは若かったため、石原を「愛人」や「彼氏」とは見ずに「自らの子供」として接した。読み書きはそのホステスに教わったという[6]

15歳でチンピラとなり、22歳で暴力団構成員となり、銃刀法違反、傷害など犯罪を重ね、大阪刑務所をはじめ、宮城刑務所府中刑務所と刑務所で30年近くに渡り服役。

2001年5月、徳島刑務所での服役後、刑務所手記などを発表。また、自身の体験をもとに繁華街で若者の悩みを聞きながら、非行の防止や更生を支援する活動を独自に始めるようになり、「夜回り組長」としてメディアで大きく取り上げられる。テレビ番組への出演や執筆活動をこなし、さらには半生が映画化もされた(黒沢年雄主演の『逢えてよかった』)。

しかし、その当時交際していた資産家の女性と別れてからは生活に困窮するようになり、昔の仲間やマスコミ関係者に借金を申し込んだり自分の服を強引に売りつけるなどトラブルが増え始める。また死後、メディアの取材によって石原が生前語っていた経歴が虚偽のものであった事も判明している[1][7]

2017年10月26日未明、東京都豊島区のサウナ付き簡易宿所において、当時70代の男性利用客を絞殺し、時価100万円相当の腕時計を奪う事件を起こす。翌2018年3月6日夜、今度は墨田区内の公園で男性(殺害男性とは別の人物)を刃物で切りつける事件を起こしたのち隅田川に飛び込み、溺死。79歳没。同年4月5日、前年10月に起こした強盗殺人事件で容疑者死亡のまま書類送検。報道では「職業不詳」とされた[3]

メディア出演編集

作品編集

著作編集

原作編集

監修編集

ドキュメンタリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「夜回り組長」石原伸司(79)の副業は「殺し屋」だったのか”. FRIDAYデジタル (2018年4月13日). 2018年5月24日閲覧。
  2. ^ a b c 遠藤、218頁。
  3. ^ a b “男性殺害後、自殺か 容疑で「夜回り組長」を書類送検 東京・駒込”. 産経ニュース. (2018年4月5日). https://www.sankei.com/affairs/news/180405/afr1804050014-n1.html 2018年5月24日閲覧。 
  4. ^ 多くのプロフィールでは千葉県生まれとしている
  5. ^ 遠藤、220頁。
  6. ^ a b c 遠藤、222-225頁。
  7. ^ 落ちぶれた「夜回り組長」殺人事件直前に金の無心(2/2)”. AERA dot. (2018年4月6日). 2018年5月24日閲覧。

参考資料編集

  • 遠藤建「評伝 石原伸司の半生」『逢えてよかった: 夜回り組長にココロを預けた少女たちのホンネ』(石原伸司著、産経新聞出版)2008年8月