メインメニューを開く

石原 登(いしはら のぼる、1913年大正2年)10月 - 2011年平成23年)7月9日[1])は、日本の政治家衆議院議員(3期)。

経歴編集

鹿児島県出身。1930年熊本逓信講習所卒[2]。戦後の1946年第22回衆議院議員総選挙において鹿児島県から諸派(民権同志会)から立候補して初当選する。当選後は協同民主倶楽部に入る[3](その後は協同民主党[4]から無所属倶楽部[5])。翌年の第23回衆議院議員総選挙で再選。再選後は第一議員倶楽部を経て、日本自由党に入った[6]1949年第24回衆議院議員総選挙において民主自由党から立候補して再選した。1952年第25回衆議院議員総選挙で落選してから日本民主党自由民主党などから立候補したが落選続きで、1967年第31回衆議院議員総選挙で落選してからは以後、立候補しなかった。2011年死去。

脚注編集

  1. ^ “訃報/政治家の石原登さん死去”. 産経新聞. (2011年7月14日). http://www.jiji.com/jc/c?g=obt_30&k=2011071400798 2018年9月30日閲覧。
  2. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』66頁。
  3. ^ 『議会制度百年史 院内会派編衆議院の部』516頁。
  4. ^ 『議会制度百年史 院内会派編衆議院の部』523頁。
  5. ^ 『議会制度百年史 院内会派編衆議院の部』536頁。
  6. ^ 『議会制度百年史 院内会派編衆議院の部』559頁。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 院内会派編衆議院の部』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。