メインメニューを開く

石原 立也(いしはら たつや、1966年7月31日 - )は、京都府舞鶴市出身の日本のアニメーション監督アニメーション演出家京都アニメーション取締役

いしはら たつや
石原 立也
本名 石原 立也
生年月日 (1966-07-31) 1966年7月31日(52歳)
出生地 日本の旗 日本京都府
職業 アニメーション監督
アニメーション演出家
主な作品

監督

AIR
涼宮ハルヒの憂鬱
Kanon
CLANNAD -クラナド-
CLANNAD 〜AFTER STORY〜
涼宮ハルヒの消失』(総監督)
日常
中二病でも恋がしたい!
響け! ユーフォニアム

目次

来歴編集

大阪デザイナー専門学校卒業後[1]京都アニメーションに入社。入社して数年はアニメーターとして活動する。

その後、1992年に『ドラえもん』の第1169話「役立つもの販売機」で初演出し、それを境に演出に転向。当初は京都アニメーションの業務形態が下請け中心だったため、TVアニメの監督経験の無い期間が長かったが、同会社が元請け制作に乗り出したことをきっかけに、2005年AIR』にてテレビシリーズ初監督を務める。

2006年には『涼宮ハルヒの憂鬱』の監督を手がけ、東京アニメアワードアニメーション神戸で優秀作品賞を受賞[2][3]。同年秋からは『Kanon』『CLANNAD』『CLANNAD 〜AFTER STORY〜』と毎年一作品ずつ、Key原作のアニメーション化を監督した[4]

人物編集

TVアニメ版の監督を務めた『AIR』『Kanon』『CLANNAD』の原作を制作した「Key」のファンである[5]

平野綾が台本の裏に落書きした『ねこマン』のメジャーデビューに一役買ったり、『CLANNAD』の台詞から同作品のインターネットラジオ渚と早苗のおまえにレインボー』の題名を提案したりと、劇中のフレーズや制作現場で自然発生的に生まれたものに目を付ける事が多い。

フラッシュバックの演出を用いることが多い。

主な参加作品編集

テレビアニメ編集

監督編集

参加作品編集

OVA編集

劇場アニメ編集

その他編集

  • 2012年 京都アニメーションCM 「行きたくなるお店編」[絵コンテ・演出]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 大阪デザイナー専門学校アニメーション学科卒業生の活躍情報”. キャニメーションの森. 2016年8月7日閲覧。
  2. ^ 第6回東京アニメアワード表彰式開催、功労賞も”. マイナビニュース. 2016年8月7日閲覧。
  3. ^ アーカイブ アニメーション神戸”. アニメーション神戸 公式HP. 2016年8月7日閲覧。
  4. ^ 「美少女動物園じゃないところがいい」早くも"京アニの本気"と呼び声高い『響け!ユーフォニアム』”. ニコニコニュース. 2016年8月7日閲覧。
  5. ^ 『TV版AIR スタッフオーディオコメンタリー』『CLANNAD スペシャル監督インタビュー』より

関連項目編集