メインメニューを開く

石原 繁三(いしはら しげぞう、1914年1月17日 - 1946年4月[1] )は、千葉県出身のプロ野球選手投手)。 戦後東映フライヤーズ内野手として活躍した石原照夫は弟に当たる。

石原 繁三
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県
生年月日 1914年1月17日
没年月日 1946年4月(32歳没)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1936年
初出場 1936年
最終出場 1942年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

1930年千葉県成田中学校から岩手県遠野中学校へ転校。1932年に遠野中のエースとして東北大会を優勝し、第18回全国中等学校優勝野球大会へ出場した。卒業後に鉄道省へ入る。

1936年東京セネタースへ入団。岩手県の学校卒業者として初のプロ野球選手となった[2]。この年の春季リーグで9試合に登板し4勝を記録。翌年に召集されるが、1940年に復帰。1941年大洋軍へ移籍し、同年すぐに黒鷲軍へ移籍。1942年に20勝を記録した。

翌年に再び応召し、終戦後(1946年4月)に戦地から引き上げるが日本に着いた直後(別府港[1]とも下関港[3]とも伝わる)倒れ、3日後に病死した。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1936春夏 東京セネタース
9 4 1 0 0 4 0 -- -- 1.000 105 37.1 33 1 18 -- 1 15 1 0 19 17 4.03 1.37
1936 16 9 2 0 0 2 5 -- -- .286 315 73.0 70 2 28 -- 1 19 1 0 48 31 3.82 1.34
1940 5 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 80 15.1 23 0 9 -- 2 6 0 0 17 12 6.75 2.09
1941 大洋軍 1 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 9 1.2 2 0 2 -- 0 0 0 0 2 2 9.00 2.40
1941 黒鷲
大和
33 16 9 2 0 5 10 -- -- .333 830 194.1 169 6 95 -- 1 47 0 0 78 63 2.91 1.36
1942 60 42 36 7 3 20 26 -- -- .435 1740 439.1 292 5 144 -- 4 94 0 0 109 78 1.60 0.99
通算:4年 124 73 48 9 3 31 42 -- -- .425 3079 761.0 589 14 296 -- 9 181 2 0 273 203 2.40 1.16
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • セネタース(東京セネタース)は、1940年途中に翼(翼軍)に球団名を変更
  • 黒鷲(黒鷲軍)は、1942年に大和(大和軍)に球団名を変更

背番号編集

  • 9 (1936年、1940年、1941年 - 1942年)
  • 22 (1941年)

脚注編集

  1. ^ a b 出典:大道文著 『新プロ野球人国記』
  2. ^ 岩手県出身者としては、1937年春に大東京軍に入団した煤孫伝が初のプロ野球選手である。煤孫伝(ブログ・愛輪塾管理人のドタバタ日記 2011年11月12日記事)
  3. ^ カシオペア紀行 目で見る福岡高・旧制福岡中野球100年 石原繁三

関連項目編集