石原 舜介(いしはら しゅんすけ、1924年4月15日 - 1996年4月16日)は、日本の都市計画家工学博士

1949年、東京工業大学建築学科卒業。東京都建設局都市計画課に勤務後、東工大助教授を経て同教授。田辺平学の都市防災論に学び、都市経営の視点から都市計画・社会工学研究を発展させた。門下に熊田禎宣中井検裕[1]深海隆恒梶秀樹ら。国民生活審議会委員、日本都市計画学会会長、日本不動産学会会長、東京理科大学教授、明海大学不動産学部長等を歴任。日本建築学会賞、日本都市計画学会賞受賞。1989年、紫綬褒章受章。1994年、勲三等旭日中綬章受章。

著書編集

  • 都市の経営(共著)、NHK出版部、1972年
  • 都市社会システム(編集)/システム工学講座10、日刊工業新聞社、1974年
  • 地域施設 商業(共著)/建築計画学2、丸善、1974年
  • 都市経営の科学(監修、都市再開発と街づくり)、技報堂出版、1985年

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 三橋博巳, 原科幸彦, 福井秀夫, 植松丘, 氷鉋揚四郎, 三井康壽, 上原由起夫, 斎藤参郎, 中井検裕「〔追悼〕熊田禎宣先生を悼む」『日本不動産学会誌』第23巻第1号、日本不動産学会、2009年、 7-14頁、 doi:10.5736/jares.23.1_7ISSN 0911-3576NAID 130005004813
文化
先代:
今野博
日本都市計画学会会長
第17代:1983年 - 1985年
次代:
渡部與四郎