石坂 修一(いしざか しゅういち、1895年明治28年)9月14日 - 1969年昭和44年)11月10日[1])は、日本の最高裁判所判事

略歴編集

富山県滑川市出身。富山市長衆議院議員参議院議員を務めた石坂豊一の子[2]東京帝国大学法学部卒業[3]1919年司法官試補。1940年出版法違反事件(河合栄治郎事件)の裁判長として河合栄治郎に第一審無罪判決を下したが、二審で逆転有罪となった。

旧裁判制度下では大審院判事を務め、新制度下では東京高裁判事、仙台広島名古屋大阪高裁長官を歴任[4]

大阪高裁長官時代に、職員がカバンを持とうとすると「職員には他にする仕事がある」と断った[4]

広島高裁長官時代に、松川事件で一審有罪の控訴審を受けての仙台高裁鈴木禎次郎裁判長に、知人として激励書簡を送ったため[4]裁判官の独立絡みで物議をかもした。

1958年6月に最高裁判事に就任[4]。前述の激励書簡で松川事件については回避の申立てをし、受理された[4]1965年9月に退官、弁護士となった。

長男は通商産業省工業技術院院長の石坂誠一、次男はインテック社長の金岡幸二[5]

脚注編集

  1. ^ 日本人名大辞典+Plus, デジタル版. “石坂修一(いしざか しゅういち)とは” (日本語). コトバンク. 2020年5月21日閲覧。
  2. ^ 明治~昭和, 20世紀日本人名事典,新訂 政治家人名事典. “石坂 豊一(イシサカ トヨカズ)とは” (日本語). コトバンク. 2020年5月21日閲覧。
  3. ^ 日本人名大辞典+Plus, デジタル版. “石坂修一(いしざか しゅういち)とは” (日本語). コトバンク. 2020年5月21日閲覧。
  4. ^ a b c d e 野村二郎、34-35頁。
  5. ^ IT人物列伝 金岡幸二氏 インテック創業者”. kisyakai.blog.shinobi.jp. 2020年5月21日閲覧。

参考書籍編集

  • 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)