石垣島南方沖地震

1998年に石垣島南方沖で発生した地震

石垣島南方沖地震(いしがきじまなんぽうおきじしん)は、1998年(平成10年)5月4日午前8時30分19秒に石垣島南方沖で発生した地震

石垣島南方沖地震
石垣島南方沖地震の位置(南西諸島内)
石垣島南方沖地震
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 1998年(平成10年)5月4日
発生時刻 8時30分19秒 (JST)
震央 日本の旗 日本 沖縄県石垣島南方沖
北緯22度22.7分
東経125度26.2分 (北緯22度22.7分 東経125度26.2分 / 北緯22.3783度 東経125.4367度 / 22.3783; 125.4367)
震源の深さ 35 km
規模    マグニチュード(M)7.7
最大震度    震度3:沖縄県平良市(現・宮古島市)、石垣市など
津波 10cm未満
地震の種類 海洋プレート内地震
横ずれ断層型
被害
死傷者数 なし
出典:特に注記がない場合は気象庁による。
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

概要編集

震源は北緯22度22.7分、東経125度26.2分の深さ35kmで、フィリピン海プレート内の地震と考えられている[1]。地震の規模はM7.7[2]、メカニズムは東西方向に圧縮軸を持つ横ずれ型で、このため規模の割に津波は小さかった[3]

震度編集

各地の震度は以下の通り[2]

震度 都道府県 観測点名
3 沖縄県 平良市下里・平良市西仲宗根・多良間村塩川・石垣市登野城・竹富町西表与那国町祖納・与那国町久部良
2 沖縄県 仲里村謝名堂・石垣市新川
1 沖縄県 名護市宮里・国頭村奥・那覇市樋川・南城市玉城前川・読谷村座喜味・玉城村前川・仲里村山城・南大東村在所
鹿児島県 鹿屋市新栄町・名瀬市港町・喜界町滝川

被害編集

津波警報が出され、宮古島八重山地方で1mの津波が予想されたが、石垣島・宮古島で10cm未満、与那国島でも微小津波を観測した程度で、被害はなく、死者、負傷者ともにゼロだった。これは地震の種類が横ずれ断層型だったためである[3]。もし縦ずれ型であったならば、宮古島・八重山地方で3mから4m程度の津波が来襲し多くの被害が出ただろうと考えられている[4]

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集