メインメニューを開く

石垣港(いしがきこう)は、沖縄県石垣市にある重要港湾である。港湾管理者は石垣市。日本最南端の重要港湾であり、八重山列島の人や物の交流の中心となっている[4]

石垣港
サザンゲートブリッジから見た石垣港
サザンゲートブリッジから見た石垣港
(手前が登野城地区、奥が美崎町地区)
所在地
日本の旗 日本
所在地 沖縄県石垣市
詳細
開港 1972年(昭和47年)5月15日[1]
管理者 石垣市[1]
種類 重要港湾
面積 1,630ha[1]
桟橋数 4[2]
統計
統計年度 2015年
発着数 52,116隻/7,312,550総トン(入港船舶)[3]
貨物取扱量 1,045,601トン[3]
旅客数 2,528,632人(乗降人員)[3]
地図

目次

概要編集

沖縄県内や日本各地からの八重山列島への物資集散地としての役割や、行き来する旅客の拠点としての役割を果たしている。互いに国交のない中華人民共和国台湾中華民国)との貿易の際の一時寄港目的での利用(クリアランス船)も行われていたが、増加していたクリアランス目的の利用は、2008年に中台間での三通が解禁されたことを受けて減少に転じている[5][6][7]

石垣島のほぼ南端にある港であり、石垣市役所、竹富町役場、沖縄県立八重山病院など主要公共施設のほか、石垣市の繁華街とも近い。

かつては国鉄小荷物連絡輸送(チッキ)の連帯輸送のための国鉄手小荷物駅に指定されていた[8]

歴史編集

  • 1872年(明治5年) - 汽船万年丸が寄港(事実上の開港)[9]
  • 1924年(大正13年) - 木造桟橋が建設される[9]
  • 1933年(昭和8年) - 台風により木造桟橋が被災する[9]
  • 1935年(昭和10年) - コンクリート桟橋を築造し、20tまでの船舶が接岸可能になる[9]
  • 1954年(昭和29年) - 琉球政府の重要港湾に指定される[9]
  • 1960年(昭和35年) - 本格的な港湾施設の建設に着手する[9]
  • 1963年(昭和38年) - 港湾施設が完成[9]
  • 1965年(昭和40年) - 3,000t級岸壁1バース、1,000t級岸壁1バース、500t級岸壁3バースが完成[9]
  • 1972年(昭和47年) - 本土復帰に伴い、国の重要港湾に指定される[9]
  • 1981年(昭和56年) - 竹富南航路供用開始[9]
  • 1993年(平成5年) - サザンゲートブリッジの供用を開始する[9]
  • 2004年(平成16年) - 耐震岸壁 (-9.0m) の供用を開始する[9]
  • 2007年(平成19年)1月31日 - 離島ターミナルの供用を開始する[9]
  • 2018年(平成30年)7月16日 - 離島ターミナル(代表施設)、新港地区緑地(南ぬ浜ぱいぬはま町緑地公園)及び石垣港旅客船ターミナル(新港地区)が、「みなとオアシスいしがき」としてみなとオアシスに登録される[10]

施設概要編集

石垣港は、以下の地区からなる[11][12][13]

  • 新川地区
  • 美崎町地区 - 離島行きの旅客船(高速船)が発着する離島ターミナル等がある。
  • 登野城地区 - 離島行きの貨客船(フェリー)等が発着する八島フェリーターミナル(八島ふ頭)等がある。
  • 浜崎町地区 - 港湾ターミナル、A-F岸壁、海上保安庁の専用埠頭[14]等がある。離島フェリー用のフェリーバースが計画されている。
    • 浜崎船だまり - 官公庁船、遊漁船等が発着する。
  • 新港地区(南ぬ浜町) - 、外航クルーズ客船用の岸壁が整備中で、2018年(平成30年)4月21日に暫定供用されている[15]。また、人工ビーチが整備されている[16]。陸上交通ではサザンゲートブリッジによって本土の八島町からアクセスする[17]

埠頭編集

主に、旅客船(高速船)は離島ターミナル、貨客船(フェリー)は八島フェリーターミナル、大型クルーズ船はE埠頭(石垣港ターミナル)や新港地区(南ぬ浜町)のクルーズ船専用岸壁に発着する。

航路については、旅客営業を行う定期航路のみ記載(休廃止された航路は就航最終時点の情報を記載)。

離島ターミナル編集

 
石垣港離島ターミナル(海側から)
 
石垣港離島ターミナル(陸側から)

離島ターミナルには主に旅客船(高速船)が発着し、八重山列島各地への交通の拠点となっている。

- 竹富島竹富東港)・小浜島小浜港)・黒島黒島港)・西表島大原港上原港)・波照間島波照間港)・鳩間島鳩間港[18]
- 竹富島(竹富東港)・小浜島(小浜港)・黒島(黒島港)・西表島(大原港・上原港)・鳩間島(鳩間港)[19]
- 波照間島(波照間港)

八島ふ頭編集

 
八島フェリーターミナル
 
八島ふ頭に停泊する「フェリーよなくに」
 
八島ふ頭に停泊する八重山観光フェリーの貨客船「かりゆし」

八島ふ頭は離島ターミナルの対岸に位置し、主に貨客船(フェリー)が発着する。沖縄の離島航路では、旅客船(高速船)を運航する際には貨物輸送ができる船舶の運航も義務づけられているため、各社が旅客船と同じ航路で貨客船(フェリー)の運航を行っている[23]。フェリーはてるま及びフェリーよなくには埠頭先端側の岸壁に、その他の貨客船は旧離島桟橋南東側に発着。発券業務は、安栄観光及び八重山観光フェリーは旧離島桟橋南東側にあるそれぞれの貨物事務所で[24][25][26]、福山海運は八島フェリーターミナル内の事務所で行っている。2021年度には八島ふ頭の機能は浜崎町地区の第4上屋海側岸壁隣接地で整備が進められている新たなフェリーバースに移転する予定である[27][28]

  • 安栄観光
- ※離島ターミナルに発着する旅客船と同じ航路[29]
  • 八重山観光フェリー
- ※離島ターミナルに発着する旅客船と同じ航路[30]
- 与那国島(久部良港)
  • 石垣島ドリーム観光(2018年4月以降、定期航路は運航休止中)
- 離島ターミナルに発着する旅客船の航路に加え、西表島(上原港)、鳩間島(鳩間港)
  • 波照間海運(2012年6月に運航を休止)[31][注 2]
- 波照間島(波照間港)

大型国際旅客船ターミナル編集

新港地区(南ぬ浜町)では、2020年春の供用開始を目指して、20万トン級クルーズ船に対応可能な全長420m、水深10.5mのクルーズ船専用岸壁の整備が進められている。2018年(平成30年)4月21日には、7万トン級に対応可能な全長295m、水深9mの岸壁が暫定供用された。また、2019年春には全長が45m延長されて340mとなる予定である[15][34][35]

岸壁の背後には、大型バス50台、タクシー31台、一般車両10台を収容する駐車場や、離島ターミナルとの間を運行する有料シャトルバス(片道200円)の乗り場が整備されている[34][35]

E岸壁(石垣港ターミナル)編集

 
E岸壁に接岸する「クルーズフェリー飛龍21」

かつては長距離フェリーが発着していた。長距離フェリーの運休後は大型クルーズ船用に利用されてきた[36]が、2018年(平成30年)4月21日には、新港地区(南ぬ浜町)でクルーズ船専用岸壁が暫定供用されている。

石垣港湾合同庁舎編集

 
石垣港湾合同庁舎

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 本航路の運休後、本航路で使用されていた大型双胴旅客船「ぱいぱてぃろーま」はメーカーに返却された[22]
  2. ^ 本航路の運休後、本航路で使用されていた貨客船「フェリーはてるま」は安栄観光に譲渡され、同社の波照間航路で使用されている[32][33]
  3. ^ ただし、潜水病等の身体的理由で航空機を利用できない人のために、2011年1月から少数(1便につき2-4名)の旅客輸送を行っている。乗船には医師の診断書が必要[43]

出典編集

  1. ^ a b c 港湾管理者一覧表 (PDF) 国土交通省港湾局、2017年4月1日
  2. ^ 八重山要覧 平成28年度版 第3章 交通・通信 (PDF) 沖縄県八重山事務所、2017年8月
  3. ^ a b c 港湾統計(年報)平成27年 国土交通省
  4. ^ 石垣港案内 内閣府沖縄総合事務局石垣港湾事務所
  5. ^ フラッシュ136 沖縄・石垣島に寄港する台湾―中国間を航行する“クリアランス船”の減少 国際貿易投資研究所、2010年6月29日
  6. ^ 石垣島の風景と歴史(周遊の旅・東回り編) 113 クリアランス船 石垣市
  7. ^ クリアランス船3割減に 中台間の直行解禁で 八重山毎日新聞、2009年1月7日
  8. ^ 八重山近・現代史年表 昭和47年5月15日~昭和64年1月7日まで - 石垣市教育委員会市史編集課(2017年12月20日閲覧) ※ 1981年(昭和56年) 10月1日指定
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m 石垣港の沿革 内閣府沖縄総合事務局石垣港湾事務所
  10. ^ “みなとで天体観測!84の星座とともに ~ 「みなと」を核とした賑わい創出! 「みなとオアシスいしがき」 ~” (プレスリリース), 国土交通省, (2018年7月12日), http://www.mlit.go.jp/report/press/port04_hh_000215.html 
  11. ^ 石垣港港湾計画書 改訂 (PDF) 石垣港港湾管理者 石垣市、2013年12月
  12. ^ 石垣港 港湾計画 改訂 (PDF) 国土交通省、2013年12月2日
  13. ^ 石垣港はどうあるべきか 長期構想策定作業を具体化 八重山毎日新聞、2012年10月3日
  14. ^ 石垣港港湾計画書 -軽易な変更- (PDF) 石垣港港湾管理者 石垣市、2017年5月
  15. ^ a b “暫定供用スタート 石垣港新港地区旅客船ターミナル 段階的に拡張工事進める”. 八重山毎日新聞. (2018年4月23日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/33375/ 2018年4月29日閲覧。 
  16. ^ “きょうから利用開始 南ぬ浜町人工ビーチ”. 八重山毎日新聞. (2017年7月1日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/31871/ 2018年4月29日閲覧。 
  17. ^ 八島町と南(ぱい)ぬ浜町を結ぶサザンゲートブリッジ”. 石垣市史デジタル資料室. 石垣市教育委員会市史編集課. 2018年7月6日閲覧。
  18. ^ 運航案内 安栄観光
  19. ^ 航路図 八重山観光フェリー
  20. ^ “来年4月に定期船休止 船員不足、ツアーは継続 ドリーム観光”. 八重山日報. (2017年10月22日). https://www.yaeyama-nippo.com/2017/10/22/%E6%9D%A5%E5%B9%B4%EF%BC%94%E6%9C%88%E3%81%AB%E5%AE%9A%E6%9C%9F%E8%88%B9%E4%BC%91%E6%AD%A2-%E8%88%B9%E5%93%A1%E4%B8%8D%E8%B6%B3-%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%81%AF%E7%B6%99%E7%B6%9A-%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E8%A6%B3%E5%85%89/ 2018年3月15日閲覧。 
  21. ^ 波照間海運が運休へ 国の補助打ち切りで 八重山毎日新聞、2011年12月3日
  22. ^ “波照間海運 再び運休 再開めど立たず撤退へ 補助金打ち切りで”. 八重山日報. (2012年6月1日). http://www.yaeyama-nippo.com/2012/06/01/%E6%B3%A2%E7%85%A7%E9%96%93%E6%B5%B7%E9%81%8B-%E5%86%8D%E3%81%B3%E9%81%8B%E4%BC%91-%E5%86%8D%E9%96%8B%E3%82%81%E3%81%A9%E7%AB%8B%E3%81%9F%E3%81%9A%E6%92%A4%E9%80%80%E3%81%B8-%E8%A3%9C%E5%8A%A9%E9%87%91%E6%89%93%E3%81%A1%E5%88%87%E3%82%8A%E3%81%A7/ 2013年1月1日閲覧。 
  23. ^ 池田良穂 「沖縄離島航路のフェリーを見る - ウェイバックマシン(2016年1月29日アーカイブ分)」 旅客船 No.272、p.11
  24. ^ 貨客カーフェリー”. 安栄観光. 2018年11月24日閲覧。
  25. ^ よくあるご質問 定期船運航について”. 安栄観光. 2018年11月24日閲覧。
  26. ^ 会社案内・アクセス”. 八重山観光フェリー. 2018年11月24日閲覧。
  27. ^ “本年度は1億2500万円かけ整備 石垣港フェリーバース”. 八重山毎日新聞. (2015年5月8日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/27394/ 2018年4月14日閲覧。 
  28. ^ 石垣港本港地区 離島ターミナル 整備事業 再評価資料 (PDF)”. 沖縄総合事務局開発建設部. pp. 10, 17 (2011年11月29日). 2018年4月29日閲覧。
  29. ^ 運航案内 貨客カーフェリー 安栄観光
  30. ^ 貨物船運航時刻表 八重山観光フェリー
  31. ^ 波照間海運、貨客船も運休 八重山毎日新聞、2012年6月2日
  32. ^ “安栄観光 「フェリーはてるま」を購入 石垣―波照間輸送安定化へ 8月中旬 運航再開”. 八重山日報. (2012年8月1日). http://www.yaeyama-nippo.com/2012/08/01/%E5%AE%89%E6%A0%84%E8%A6%B3%E5%85%89-%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%AF%E3%81%A6%E3%82%8B%E3%81%BE-%E3%82%92%E8%B3%BC%E5%85%A5-%E7%9F%B3%E5%9E%A3-%E6%B3%A2%E7%85%A7%E9%96%93%E8%BC%B8%E9%80%81%E5%AE%89%E5%AE%9A%E5%8C%96%E3%81%B8-%EF%BC%98%E6%9C%88%E4%B8%AD%E6%97%AC-%E9%81%8B%E8%88%AA%E5%86%8D%E9%96%8B/ 2013年1月1日閲覧。 
  33. ^ “装い新たに運航再開 ニュー「フェリーはてるま」”. 八重山毎日新聞. (2012年10月7日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/21033/ 2013年10月17日閲覧。 
  34. ^ a b “クルーズ船専用岸壁、4月下旬に暫定供用—南ぬ浜町”. 八重山毎日新聞. (2018年3月21日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/33200/ 2018年4月14日閲覧。 
  35. ^ a b “専用岸壁を初視察 交通対応など確認”. 八重山毎日新聞. (2018年4月11日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/33310/ 2018年4月14日閲覧。 
  36. ^ もうひとつのターミナル「石垣港ターミナル」 DEEokinawa、2013年10月24日
  37. ^ 有村産業、あすから運休 燃料費確保できず 琉球新報、2008年5月27日
  38. ^ 有村産業航路を運休へ 燃料費支払いが困難に 八重山毎日新聞、2008年5月27日
  39. ^ a b 定期航路一覧 2006.5.1現在 (PDF) 那覇港管理組合
  40. ^ a b 各港へのご案内 - ウェイバックマシン(2008年1月15日アーカイブ分) 有村産業
  41. ^ 船の旅 2006年12月号、東京ニュース通信社
  42. ^ a b 琉球海運 9月めどに旅客部門廃止 利用客が年々減少 貨物事業を拡大 八重山毎日新聞、2006年4月21日
  43. ^ きょう旅客輸送開始、琉球海運 宮古新報、2011年1月9日
  44. ^ 離島航路の現況2 内閣府沖縄総合事務局
  45. ^ 石垣海上保安部
  46. ^ 石垣税関支署 税関
  47. ^ 那覇植物防疫事務所 農林水産省植物防疫所
  48. ^ 那覇支局 法務省入国管理局

外部リンク編集