メインメニューを開く

石堂 藍(いしどう らん、1960年1月29日 - )は、日本書評家、文芸評論家幻想文学の評論を中心に活躍する。本名、川島徳絵。

目次

略歴編集

ペンネームは、C.R.マチューリン『放浪者メルモス』のヒロイン、イシドーラから取った[1]

著作編集

単著編集

共著編集

  • 幻想文学1500ブックガイド (1997年、東雅夫との共著、国書刊行会)
  • 死の本 (1998年、複数人との共著、光琳社出版)
  • 世界文学あらすじ大事典 全四巻 (2005-2007年、横山茂雄との共同監修・共著、国書刊行会)
  • 図解雑学 世界の天使と悪魔 (2009年、今松泰吉田邦博との共著、ナツメ社
  • 日本幻想作家事典 (2009年、東雅夫との共著、国書刊行会)

解説編集

  • 皆川博子『薔薇忌』(集英社文庫)
  • 神林長平『死して咲く花実のある夢』(ハヤカワ文庫JA)
  • キイズ『神住む森の勇者』(ハヤカワ文庫FT)
  • 篠田真由美『彼方より』(講談社)
  • 《書物の王国》シリーズ『奇跡』編纂・解題(国書刊行会)
  • 山尾悠子『山尾悠子作品集成』解題(国書刊行会)
  • 上橋菜穂子『月の森に、カミよ眠れ』解説(偕成社文庫)
  • 篠田節子『ハルモニア』(文春文庫)
  • ヘイドン『プロフェシイ』(ハヤカワ文庫FT)
  • グッドカインド『魔界の神殿』(ハヤカワ文庫FT)
  • ひかわきょうこ『彼方から3』(白泉社文庫)
  • ジョーダン『新たなる春』(ハヤカワ文庫FT)
  • エディングス『予言の守護者』(ハヤカワ文庫FT)
  • スタージョン『夢みる宝石』(ハヤカワ文庫SF)
  • 山田南平『紅茶王子6』(白泉社文庫)
  • ムアコック『杖の秘密』(創元推理文庫)
  • ジョーダン『竜神飛翔1』(ハヤカワ文庫FT)
  • マーティン『王狼たちの帰還1』(ハヤカワ文庫FT)
  • ジョーダン『竜神飛翔6』(ハヤカワ文庫FT)
  • ムアコック『軍犬と世界の痛み』(ハヤカワ文庫SF)
  • サルバトーレ『クレリック・サーガ/忘れられた領域 / 森を覆う影』
  • フィースト『王国を継ぐ者』(ハヤカワ文庫FT)
  • カシュナー『王と最後の魔術師』(ハヤカワ文庫FT)
  • 津原泰水『綺譚集』(創元推理文庫)
  • ケアリー『クシエルの使徒』(ハヤカワ文庫FT)
  • ホブ『黄金卿の狩り』(創元推理文庫)

『幻想文学』掲載ブックガイド編集

  • 10号 - 鉱物幻想100景(諸星翔と共同執筆)
  • 12号 - インクリングズを読む
  • 21号 - ロシア幻想文学必携(諸星翔と共同執筆)
  • 23号 - ゴシック・ホラー10選
  • 24号 - 大正―昭和メルヘン & ファンタジー必携
  • 28号 - 吸血鬼文学必携(諸星翔と共同執筆)
  • 32号 - 人形幻想(諸星翔と共同執筆)
  • 33号 - 日本幻想文学テーマ別220選(東雅夫と共同執筆)
  • 34号 - ケルト幻想作家名鑑(東雅夫と共同執筆)
  • 35号 - 鏡花全作品ガイド(須永朝彦・東雅夫・服部正と共同執筆)
  • 36号 - 悪魔文学館
  • 38号 - 幻想時代小説・妖人妖魔キャラクター事典 / 幻想時代小説・作品便覧
  • 40号 - 幻想ベストブック分野別展望(ファンタジー・SF・純文学)
  • 41号 - ジュヴナイル・ホラーガイド
  • 42号 - 乱歩の幻想小説
  • 43号 - 死後の文学館 / 死後の資料館
  • 44号 - 中国怪談を読む / 中国幻想文学案内 / 中国幻想文学資料館
  • 45号 - アメリカ幻想文学基本図書360選(諸星翔と共同執筆)
  • 46号 - 夢文学必携
  • 48号 - 建築幻想文学必携
  • 49号 - ファンタスティック映画案内(渡電と共同執筆) / 映画と幻想文学
  • 52号 - 猫ファンタジー・ガイド
  • 53号 - 至高の音楽を求めて――幻想音楽小説120
  • 54号 - 滅びを志向する文学
  • 55号 - 過剰と逸脱と越境の系譜~幻想ミステリ
  • 56号 - 金牛宮は再生の時を告げる
  • 58号 - 挑戦するファンタジー
  • 59号 - 幻想のラテンアメリカ・ボルヘスを読む
  • 60号 - 幻想ベストブック分野別展望(叢書・純文学・ファンタジー・SF・ミステリ・児童文学・文芸評論・人文書・思想書・美術書)
  • 62号 - 魔都へのいざない
  • 64号 - 幻想動植物の世界
  • 67号 - オリエンタリズム

関連項目編集

参考文献編集

  • 日本幻想作家事典 (2009年、国書刊行会)

脚注編集

  1. ^ 『私が選ぶ国書刊行会の3冊』国書刊行会、2012年

外部リンク編集