メインメニューを開く

石塚硝子株式会社(いしづかがらす、: Ishizuka Glass Co., Ltd. )は、 愛知県岩倉市に本社があるガラス製品、及びプラスチックなどの容器を製造する日本企業

石塚硝子株式会社
Ishizuka Glass Co., Ltd.
Ishizuka Glass.JPG
本社・岩倉工場
種類 株式会社
市場情報
略称 石塚硝子
本社所在地 日本の旗 日本
482-8510
愛知県岩倉市川井町1880番地
北緯35度16分15.3秒
東経136度51分48.4秒
座標: 北緯35度16分15.3秒 東経136度51分48.4秒
設立 1941年昭和16年)4月16日
業種 ガラス・土石製品
法人番号 4180001088187
事業内容 ガラス製品及び各種容器の製造販売
代表者 代表取締役会長:石塚芳三
代表取締役社長:石塚久継
資本金 59億11百万円
(2016年3月現在)[1]
発行済株式総数 3629万5543株[1]
売上高 単体 598億64百万円
連結 734億14百万円
(2016年3月期)[1]
純資産 単体 174億13百万円
連結 209億16百万円
(2016年3月期)[1]
総資産 単体 650億33百万円
連結 805億04百万円
(2016年3月期)[1]
従業員数 単体 795名
連結 2,231名
(2016年3月20日現在)[1]
決算期 3月20日
主要株主 明治安田生命保険相互会社 6.04%
株式会社みずほ銀行 4.78%
第一生命保険株式会社 4.13%
(2016年3月20日現在)[1]
外部リンク https://www.ishizuka.co.jp/ (日本語)
テンプレートを表示

目次

概要編集

創業者の石塚岩三郎が長崎でガラス製造を学び、故郷の下総国への帰途の途中に立ち寄った土田村(現在の岐阜県可児市)でビードロ屋を開いたことに由来する。当時ガラスは大変な貴重品で、岩三郎のビードロ屋は東海地方におけるガラス製造の先駆けであった。その後明治時代以降より名古屋に移転した後、2003年平成15年)に本社機能を岩倉市に移した。

現在はガラス製品のみに留まらず、プラスチックや紙などを用いた容器関連の製造・販売にも力を注いでいる。

子会社の日本パリソン社はPETボトル用プリフォーム製造会社(一部ボトルも製造)、コカ・コーラグループが主たる供給先。

沿革編集

  • 1819年文政2年)11月 - 石塚岩三郎が長崎でガラス製造技術を学び、岐阜県可児郡土田村(現在の岐阜県可児市)でガラス製造を始める[1]
  • 1941年昭和16年)4月 - 有限会社石塚硝子製造所設立[1]
  • 1946年(昭和21年)12月 - 石塚硝子株式会社に改組[1]
  • 1961年(昭和36年)10月 - 岩倉食器工場を新設[1]
  • 1984年(昭和59年)4月 - 東京工場を新設[1]
  • 2003年平成15年)
    • 4月 - アサヒビール株式会社の子会社である株式会社アサヒビールパックスの全株式を取得し、子会社化[1][2]
    • 6月 - 株式会社アサヒビールパックスを吸収合併[1]
  • 2006年(平成18年)8月 - アイピーアイ株式会社の全株式を取得し、子会社化[1]
  • 2010年(平成22年)6月 - 100%子会社であるアイピーアイ株式会社を吸収合併[1]
  • 2015年(平成27年)1月 - 鳴海製陶株式会社の全株式(自己株式を除く)を取得し、子会社化[1][3]

事業所編集

工場編集

営業所・支店編集

関連会社編集

  • アデリア株式会社
  • 遠東石塚グリーンペット株式会社
  • 石塚物流サービス株式会社
  • ウイストン株式会社
  • 大阪アデリア株式会社
  • 石硝運輸株式会社
  • 日本パリソン株式会社
  • 久金属工業株式会社
  • 北洋硝子株式会社
  • 鳴海製陶株式会社

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 有価証券報告書-第81期(平成27年3月21日-平成28年3月20日)”. EDINET. 2017年5月27日閲覧。
  2. ^ 石塚硝子(株)によるアサヒビール(株)の子会社株式取得に関するお知らせ (PDF)”. アサヒビール株式会社 (2002年7月5日). 2017年5月27日閲覧。
  3. ^ 鳴海製陶株式会社の株式の取得(子会社化)に関するお知らせ (PDF)”. 石塚硝子株式会社 (2014年12月17日). 2014年12月18日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集