メインメニューを開く

石子順造

石子 順造(いしこ じゅんぞう、1928年10月12日 - 1977年7月21日)は、美術評論家、漫画評論家。東京都出身。本名は木村泰典。

戦前の前衛、アングラ芸術、デザイン、漫画などを対象に評論活動を展開し、独自の見解を示す。日本の漫画評論においては先駆け的存在であった。

目次

経歴編集

東京大学経済学部を卒業後、大学院で美術史を専攻。1956年静岡県清水市の物流会社である鈴与倉庫に入社。営業課に籍を置くかたわら、評論活動を開始する。

1960年、画家の伊藤隆史鈴木慶則らと評画誌『フェニックス』を創刊。

1964年鈴与(鈴与倉庫の親会社)総務部を退社し上京。本格的に評論活動を開始。池田龍雄論などを展開。

1967年には、菊地浅次郎(山根貞男)、梶井純権藤晋と、日本初の漫画評論同人誌「漫画主義」を創刊。白土三平つげ義春水木しげる等を評論の対象とした。(『漫画主義』は1978年から『夜行』に吸収された。[1]

また、1974年の著書、『キッチュの聖と俗』は、当時、キッチュ的な題材を作品に取り込んでいた、横尾忠則赤瀬川原平らと共鳴する内容であった。

現代美術のジャンルでは、「トリックス・アンド・ヴィジョン:盗まれた眼」展(1968年、東京画廊・村松画廊)を中原佑介(美術評論家)と共同企画し、「第9回現代日本美術展」(1969年)の第三部門(コンクール)洋画(油彩・水彩・デッサン・版画)部門の審査員のひとりであった。

肺がんのため東京都豊島区の病院で死去。病床の石子はしきりにつげ義春に会いたがった[2]

死後に『コミック論』『キッチュ論』『イメージ論』の著作集全3巻がある。

著書編集

単著編集

  • マンガ芸術論 現代日本人のセンスとユーモアの功罪 富士書院, 1967
  • 現代マンガの思想 太平出版社, 1970
  • 表現における近代の呪縛 川島書店, 1970
  • 俗悪の思想 日本的庶民の美意識 太平出版社, 1971
  • キッチュの聖と俗 続・日本的庶民の美意識 太平出版社, 1974
  • 戦後マンガ史ノート 紀伊国屋新書, 1975(1994年に「精選復刻紀伊国屋新書」より復刊)
  • 子守唄はなぜ哀しいか 近代日本の母像 講談社, 1976
  • ガラクタ百科 身辺のことばとそのイメージ 平凡社, 1978
  • 石子順造著作集 全3巻 喇嘛舎, 1986-88
  • マンガ/キッチュ 石子順造サブカルチャー論集成 小学館クリエイティブ, 2011

共著・編集など編集

  • 現代漫画論集 梶井純・菊池浅次郎・権藤晋共著 青林堂 1969年
  • キッチュ まがいものの時代 上杉義隆松岡正剛共編 ダイヤモンド社, 1971
  • マンガ家・イラストレーターになるには 編集 ぺりかん社〈なるにはBooks〉, 1972
  • 小絵馬図譜 封じこめられた民衆の祈り 編著 芳賀書店〈芳賀芸術叢書〉, 1972
  • 劇画の思想 菊地浅次郎・権藤晋共著 太平出版社, 1973

脚注編集

  1. ^ 「あとがき」『夜行』7号、北冬書房、1978年、p.190)
  2. ^ つげ義春 『つげ義春日記』 講談社、1983年、p.49。ISBN 978-4062009089

外部リンク編集