メインメニューを開く

石山インターチェンジ

日本の滋賀県大津市にある京滋バイパスのインターチェンジ

石山インターチェンジ(いしやまインターチェンジ)は、滋賀県大津市にある地域高規格道路京滋バイパスインターチェンジで、宇治方面のハーフICである。2012年度の通行台数は1,970,241台[1]

石山インターチェンジ
石山インターチェンジ(入口料金所)
石山インターチェンジ(入口料金所)
所属路線 E88 京滋バイパス
IC番号 1
本線標識の表記 石山 大津
起点からの距離 482.6 km(日本橋起点)
瀬田東IC (3.1 km)
(4.3 km) 南郷IC
接続する一般道 滋賀県道106号千町石山寺辺線
供用開始日 1988年(昭和63年)8月29日
通行台数 5,398台/日(2012年度)[1]
所在地 520-0861
滋賀県大津市石山寺5丁目
テンプレートを表示

概要編集

名古屋方面へは瀬田東ICを利用することになり、草津方面へはここより(厳密には300mほど県道を挟む)、京滋バイパスの一般部が平行している。

京滋バイパスから名神京都方面を目指す場合は瀬田東JCTが名神京都方面⇔京滋バイパス宇治方面には移動できないため、石山ICを降りて一般道を経由して大津IC瀬田西ICを利用する必要がある。

道路編集

接続道路編集

料金所編集

  • ブース数:4 

入口編集

  • ブース数:2 
    • ETC専用:1 
    • 一般:1 

出口編集

  • ブース数:2 
    • ETC専用:1 
    • 一般:1 

周辺編集

編集

E88 京滋バイパス
(30-2) 瀬田東IC/JCT - (1) 石山IC - (2) 南郷IC - (3) 笠取IC - 宇治TN

脚注編集

  1. ^ a b 第12章運輸・通信”. 滋賀県道路保全課. 2014年11月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集