石山寺

滋賀県大津市石山寺1丁目にある東寺真言宗の寺院

石山寺(いしやまでら)は、滋賀県大津市にある東寺真言宗の寺院。山号は石光山。本尊は如意輪観世音菩薩(如意輪観音)、開山良弁西国三十三所観音霊場第13番札所となっている。

石山寺
Tahōtō - Ishiyamadera - Otsu, Shiga - DSC07540.JPG
多宝塔国宝、日本三塔の一つ)
所在地 滋賀県大津市石山寺1-1-1
位置 北緯34度57分37.51秒 東経135度54分20.25秒 / 北緯34.9604194度 東経135.9056250度 / 34.9604194; 135.9056250座標: 北緯34度57分37.51秒 東経135度54分20.25秒 / 北緯34.9604194度 東経135.9056250度 / 34.9604194; 135.9056250
山号 石光山
宗派 東寺真言宗
寺格 大本山
本尊 如意輪観音
創建年 天平19年(747年
開山 良弁
開基 聖武天皇(勅願)
正式名 石光山 石山寺
札所等 西国三十三所第13番
江州三十三観音第1番
近江西国三十三観音霊場第3番
びわ湖百八霊場第1番
神仏霊場巡拝の道第146番(滋賀14番)
文化財 本堂、多宝塔、釈摩訶衍論ほか9件(国宝)
東大門、鐘楼他(重要文化財
珪灰石(国の天然記念物
公式HP 大本山 石山寺 公式ホームページ
法人番号 9160005000599 ウィキデータを編集
テンプレートを表示
本堂 (国宝)
珪灰石 (国の天然記念物)

本尊真言:おん ばだら はんどめい うん

ご詠歌:後の世を願うこころはかろくとも ほとけの誓いおもき石山

概要編集

当寺は、琵琶湖の南端近くに位置し、琵琶湖から唯一流れ出る瀬田川の右岸にある。本堂は国の天然記念物珪灰石(「石山寺硅灰石」)という巨大な岩盤の上に建ち、これが寺名の由来ともなっている(石山寺珪灰石は日本の地質百選に選定)。

蜻蛉日記』『更級日記』『枕草子』などの文学作品にも登場し、『源氏物語』の作者紫式部は、石山寺参篭の折に物語の着想を得たとする伝承がある。「近江八景」の1つ「石山秋月」でも知られる。 紅葉の名所としても知られ、秋にはライトアップが行われており、2015年に日本夜景遺産に認定された[1]。洋画家の三谷祐幸から寄付される形で関西美術院の所有となっている。

歴史編集

石山寺縁起絵巻』によれば[2]聖武天皇の発願により、天平19年(747年)、良弁東大寺開山・別当)が聖徳太子の念持仏であった如意輪観音をこの地に祀ったのがはじまりとされている。聖武天皇は東大寺大仏の造立にあたり、像の表面に鍍金(金メッキ)を施すために大量の黄金を必要としていた。そこで良弁に命じて、黄金が得られるよう、吉野金峰山に祈らせた。金峯山はその名の通り、「金の山」と信じられていたようである。そうしたところ、良弁の夢に吉野の金剛蔵王(蔵王権現)が現われ、こう告げた。「金峯山の黄金は、(56億7千万年後に)弥勒菩薩がこの世に現われた時に地を黄金で覆うために用いるものである(だから大仏鍍金のために使うことはできない)。近江国志賀郡の湖水の南に観音菩薩の現われたまう土地がある。そこへ行って祈るがよい」。夢のお告げにしたがって石山の地を訪れた良弁は、比良明神(≒白鬚明神)の化身である老人に導かれ、巨大な岩の上に聖徳太子念持仏の6寸の金銅如意輪観音像を安置し、草庵を建てた。そして程なく(実際にはその2年後に)陸奥国から黄金が産出され、元号を天平勝宝と改めた。こうして良弁の修法は霊験あらたかなること立証できたわけであるが、如意輪観音像がどうしたことか岩山から離れなくなってしまった。やむなく、如意輪観音像を覆うように堂を建てたのが石山寺の草創という。

その他資料としては『元亨釈書[3] や、後代であるが宝永2年(1705年)の白鬚大明神縁起絵巻がある[4]

その後、天平宝字5年(761年)から造石山寺所という役所のもとで堂宇の拡張、伽藍の整備が行われた。正倉院文書によれば、造東大寺司(東大寺造営のための役所)からも仏師などの職員が派遣されたことが知られ、石山寺の造営は国家的事業として進められていた。これには、淳仁天皇孝謙上皇が造営した保良宮が石山寺の近くにあったことも関係していると言われる。本尊の塑造如意輪観音像と脇侍の金剛蔵王像、執金剛神像は、天平宝字5年(761年)から翌年にかけて制作され、本尊の胎内に聖徳太子念持仏の6寸如意輪観音像を納めたという。

以降、平安時代前期にかけての寺史はあまりはっきりしていないが、寺伝によれば、聖宝観賢などの当時高名な僧が座主(ざす、「住職」とほぼ同義)として入寺している。聖宝と観賢はいずれも醍醐寺関係の僧である。石山寺と醍醐寺は地理的にも近く、この頃から石山寺の密教化が進んだものと思われる。

石山寺の中興の祖と言われるのが、菅原道真の孫の第3世座主・淳祐(890年 - 953年)である。内供とは内供奉十禅師(ないくぶじゅうぜんじ)の略称で、天皇の傍にいて、常に玉体を加持する僧の称号で、高僧でありながら、諸職を固辞していた淳祐がこの内供を称され、「石山内供」「普賢院内供」とも呼ばれている。その理由は淳祐は体が不自由で、正式の坐法で坐ることができなかったことから、学業に精励し、膨大な著述を残している。彼の自筆本は今も石山寺に多数残存し、「匂いの聖教(においのしょうぎょう)」と呼ばれ、一括して国宝に指定されている。このころ、石山詣が宮廷の官女の間で盛んとなり、『蜻蛉日記』や『更級日記』にも描写されている。

現在の本堂は永長元年(1096年)の再建。東大門、多宝塔は鎌倉時代初期、源頼朝の寄進により建てられたものとされ、この頃には現在見るような寺観が整ったと思われる。石山寺は兵火に遭わなかったため、建造物、仏像、経典、文書などの貴重な文化財を多数伝存している。

石山寺と文学作品編集

 
石山寺の紫式部(歌川広重 (3代目)画)

石山寺は、多くの文学作品に登場することで知られている。

『枕草子』二百八段(三巻本「日本古典文学大系」)には「寺は壺坂笠置法輪。霊山は、釈迦仏の御すみかなるがあはれなるなり。石山粉河志賀」とあり、藤原道綱母の『蜻蛉日記』では天禄元年(970年)7月の記事に登場する。『更級日記』の筆者・菅原孝標女寛徳2年(1045年)、石山寺に参篭している。紫式部が『源氏物語』の着想を得たのも石山寺とされている。伝承では、寛弘元年(1004年)、紫式部が当寺に参篭した際、八月十五夜の名月の晩に、「須磨」「明石」の巻の発想を得たとされ、石山寺本堂には「紫式部の間」が造られている。 『和泉式部日記』(十五段)では、「つれづれもなぐさめむとて、石山に詣でて」とあり、 和泉式部敦道親王との関係が上手くいかず、むなしい気持を慰めるために寺に籠った様子が描かれている。

伽藍編集

本堂(国宝
正堂(しょうどう)と礼堂(らいどう)を合の間で繋いだ複合建築である。本堂は南側の傾斜地に南向きに建てられており、礼堂部分が懸造となっている。 懸造の本堂は、清水寺長谷寺など、観音を祀る寺院に多い。
現存する本堂は三代目で、奈良時代の草創期に建てられたものは桁行五丈、梁間二丈であったが、天平宝字5年 - 6年(761年 - 762年)に造東大寺司によって桁行七丈、梁間四丈に改築され、これに10世紀末までに懸造の礼堂が増築されていたことが絵画資料からわかっている。この建物が承暦2年(1078年)の火災で焼失し、永長元年(1096年)に再建され、慶長7年(1602年)に淀殿の寄進で合の間と礼堂が改築され、現在の形式となる。
正堂は永長年間の再建の姿を良く残し滋賀県下最古の建築である。構造は桁行五間、梁間二間の身舎(もや)に一間の庇を廻し、全体で正面七間、奥行四間(「間」は長さの単位ではなく、柱間の数を示す建築用語)である。身舎が内陣となっており、慶長年間に新設された宮殿が設けられている。宮殿内部に如意輪観音を祀るが、隆起した硅灰石が本尊の台座となっている。
合の間は間口七間奥行一間で、正堂と礼堂を繋いでいる。内部に天井はなく、見上げると正堂の軒が残っている。合の間の東端は「紫式部源氏の間」と称され、執筆中の紫式部の像が安置されている。
礼堂は桁行七間、梁間三間の身舎に、合の間と接する北面を除く三方に庇を廻し、全体で正面九間、奥行四間で、さらに三方に縁をめぐらす。また東側一間は吹さらしである。
屋根は檜皮葺きで、正堂と礼堂それぞれを寄棟造としたうえで、二つの屋根を貫くように南北に大屋根が掛けられて南端は礼堂上部で千鳥破風となる。本堂の正面は南面であるが、南面は懸造となっているため参拝者は東面の階段を登り礼堂の縁を回って礼堂に入るようになる[5]
多宝塔(国宝)
寺伝では源頼朝の寄進と伝わるが、墨書より建久5年(1194年)建立とされる。年代の明らかなものとしては日本最古の多宝塔である。下層は方三間で、内部の四天柱内に須弥壇を据え、快慶作の大日如来像を安置する。また、柱や長押に仏画や彩色が施されている。上層は12本の円柱に四手先組物が載り、深い軒を受ける。屋根は檜皮葺き[6]
東大門(重要文化財
参道入口の門。寺伝では建久元年(1190年)の建立とされるが、細部の様式などから本堂の礼堂が建立されたのと同時期の慶長期に新築に近い大幅な修理を受けたと考えられる。三間一戸(桁行三間で、中央の一間が開口という意味)の八脚門(本柱の前後に4本ずつ控え柱が建つという意味)で、両脇に仁王像を置く。屋根は入母屋造で瓦葺き[7]
鐘楼(重要文化財)
寺伝では源頼朝の寄進と伝わるが、細部様式などから鎌倉後期と考えられる。二階建てで平面は上下層とも桁行三間、梁間二間で、上層には縁がまわされる。下層は白漆喰塗りの袴腰、上層は東西中央に扉があり、それ以外は連子窓である。内部には銘が無いが、平安時代とみられる梵鐘が吊られている。屋根は入母屋造で檜皮葺き[8]
三十八所権現社本殿(重要文化財)
本堂のすぐ東側にある鎮守社。『石山要記』は良弁が勧請したとの推測を記すが定かではなく、文治年間の『灌頂記』に見えるとしている。現存するのは文献などから慶長7年(1602年)と考えられる。三十八所は観音二十八部衆と法華十羅刹女としているが、『近江輿地志略』では般若十六善神と薬師十二神将、法華十羅刹女と記す。
建物は大きな一間社流造で全体的に装飾の少ない意匠である。現在はほぼ剥落してしまっているが、全体に彩色が施されていたことが分かる。屋根は檜皮葺き[9]
蓮如堂(重要文化財)
蓮如上人を祀る堂であるが、もともと三十八所神社の拝殿と呼ばれていた。三十八所権現社本殿の南側に位置し懸造である。『石山要記』には寛弘3年(1006年)の藤原道長の御願文に見えると記されているが、現存するものは慶長7年(1602年)の再建と考えられる。
平面は桁行五間、梁間四間で、北面一間が広縁となっており三十八所権現社本殿と向かいあっている。堂の入口は東面の妻入(棟の向く方向が入口という意味)であり、東側一間が吹さらしとなっている。同じように懸造で妻入りの拝殿は醍醐寺の清瀧宮拝殿(国宝)があり、本殿との位置関係など共通する部分が多い。堂の西側一間が内陣の体裁となっており、蓮如像などを祀る。屋根は入母屋造で瓦葺であるが、小屋裏の構造から元は檜皮葺きなど軽い屋根であったと思われる[10]
御影堂(重要文化財)
石山寺開創の祖師、弘法大師、良弁僧正、淳祐内供を祀る堂。『石山要記』によれば、元は三昧堂もしくは法華堂と呼ばれ法華三昧の道場であったが、淳祐の住居であった普賢院が倒壊した際に御影供を移したとしている。現存の建物は室町時代とされているが、須弥壇の意匠などから推測されるのみで確証はない。また享保年間に大きな改装を施されている。
平面は方三間の一間四面堂(一間身舎の四方に庇をめぐらす)で、背面に張り出し(簡易な囲い)、背面以外の三方に縁をまわす。後世の改装により四天柱のうち前面二本が抜き取られており代わりに大虹梁を入れている。大虹梁の上部には抜き取られた柱の頂部が残されている。本来四天柱の内部だったであろう内陣は奥の中央一間に移されている。屋根は宝形の檜皮葺きで頂部に宝珠が載る[11]
経蔵(重要文化財)
本堂北東にある小規模な校倉造で、石山寺一切経や校倉聖教などの文化財を収容してきた建物。建立時期は伝わっていないが、意匠などから16世紀後期と考えられる。校木を桁行と梁行で高さをずらさずに組み上げている。屋根は切妻で瓦葺[12]
毘沙門堂
兜跋毘沙門天などを祀る堂。棟札から1773年建立とわかっている。建物は方三間であるが、外部からは桁行三間、梁間二間に見え、内部に入ると堂奥より4分の1ほどに柱が4本建つ特異な平面である。堂奥側が須弥壇になっているが、手前の柱に渡された虹梁や組物に特徴がある。屋根は宝形で瓦葺[13]
大黒天堂
大黒天を祀る堂。明治後期の建立と伝わる。建物は妻入で桁行五間、梁間は正面三間、背面四間で正面に一間の向拝が付く。奥側一間の中央に内陣を据え、それ以外の床は畳敷きとなっている。屋根は瓦葺で、正面は入母屋造、背面は切妻である[14]
月見亭
石山寺の尾根の東の突端部にある亭。瀬田川や琵琶湖を望む景勝地にあり、ここから見る月は近江八景に数えられる。寺伝では後白河上皇が行幸した際に建立されたと伝わるが、現存するのは昭和4年(1929年)の建築である。建物は桁行一間、梁間一間であるが、東西方向にやや長い平面である。東寄りの正方形の方一間部分は床を上げて舞台状にしている。建具などは無く吹さらし。懸造となっているが、袴腰があるため明確ではない。屋根は寄棟造で、上部は茅葺、下部は杮葺きであったが、2017年に茅葺は板葺に葺き替えられた[15]

文化財編集

木造如意輪観音坐像(本尊)編集

当寺の本尊であり、重要文化財に指定されている。本堂奥の巨大な厨子に納められている秘仏である。33年に1度の開扉と天皇即位翌年の開扉以外は原則として公開されず、開扉は勅使により行われるため、石山寺では「日本唯一勅封観音」としている。像高約3メートル。如意輪観音像は6臂像(6本の手をもつ)が多いが、本像は2臂像で、岩盤の上に直接坐している。本堂の再建と同時期の平安時代後期の作と推定される。像内からは奈良時代の金銅仏4体、水晶製五輪塔などが発見され、これらは2003年、本像の附属として重文に追加指定されている。本像は以下の機会に開扉されている。

1991年4月10日から4月30日まで(明仁の第125代天皇即位に伴う即位吉例開扉)
2002年8月1日から12月16日まで(開基1,250年記念)
2009年3月1日から5月31日まで、および9月1日から12月16日まで(花山法皇一千年忌西国札所一斉開扉)
2016年3月18日から12月4日まで(33年ごとの開扉)
2020年3月18日から8月10日まで(徳仁の第126代天皇即位に伴う即位吉例開扉)[16]

国宝編集

  • 本堂
  • 多宝塔
  • 漢書 高帝紀下、列伝第四残巻 2巻(紙背金剛界念誦私記)
  • 史記 巻第九十六、九十七残巻 1巻(紙背金剛界次第)
  • 玉篇巻第廿七 後半(紙背如意輪陀羅尼経)
  • 春秋経伝集解 巻第廿六残巻(しゅんじゅうけいでんしっかい)
  • 春秋経伝集解 巻第廿九残巻(紙背金剛界儀軌)
  • 釈摩訶衍論(しゃくまかえんろん)5帖
  • 淳祐内供筆聖教(薫聖教)(しゅんにゅうないくひつしょうぎょう・においのしょうぎょう)73巻1帖(附:聖教目録1巻)[17]
  • 延暦交替式(紙背南天竺般若悉曇十八章)
  • 越中国官倉納穀交替記残巻(紙背伝三昧耶戒私記)
  • 周防国玖珂郡玖珂郷延喜八年戸籍残巻(紙背金剛界入曼荼羅受三昧耶戒行儀)

重要文化財編集

(建造物)

(絵画)

(彫刻)

  • 木造如意輪観音半跏像(本尊)・像内納入品(銅造如来立像1躯、銅造観音菩薩立像2躯、銅造菩薩立像1躯、水晶五輪塔1基、木造厨子1基) - 解説は既述[22]
  • 木造如意輪観音半跏像
  • 木造大日如来坐像(多宝塔安置)快慶
  • 木造大日如来坐像(伝元多宝塔本尊)
  • 金銅観世音菩薩立像 - 1948年盗難に遭い、その後、首以下の胴体部分のみが発見された。切断された頭部は行方不明である。
  • 銅造釈迦如来坐像
  • 木造持国天立像・増長天立像・毘沙門天立像
  • 木造維摩居士坐像
  • 木造毘沙門天立像
  • 木造不動明王坐像
  • 塑造淳祐内供坐像(御影堂安置) - 像内に明徳三年地蔵摺仏、明徳四年塔婆形木札及び願文経巻等を納める。台座裏面に「応永五年閏四月廿七日、普賢院御影、開眼供養訖、座主僧正守快」の銘がある。
  • 塑造金剛蔵王立像心木[23]
    • 附 塑造断片一括、光背1面、心木内納入品(木造五輪塔形1基、木造舎利容器1合、紙本墨書般若心経1紙)
      塑像(表面を粘土で造形した像)の内部にあった支えの心木である。この心木は、本尊の右脇侍である金剛蔵王(蔵王権現)像の内部から発見されたもの。金剛蔵王像自体は江戸時代の作であるが、心木は奈良時代創建時のもので、学術的にきわめて貴重なものである。

(工芸品)

  • 梵鐘

(書跡典籍、古文書)

  • 叡山大師伝
  • 倶舎論記 普光撰22巻・倶舎論疏 法宝撰30巻・倶舎論頌疏 円暉撰5巻
  • 説一切有部倶舎論 仙釈筆
  • 十誦律 巻第五十二
  • 大般若経音義 中巻
  • 智証大師伝
  • 不空三蔵表制集 巻第三
  • 仏説浄業障経(天平神護二年吉備由利願経)
  • 法花玄賛義決 弘仁十年書写奥書
  • 法華義疏 7巻
  • 石山寺一切経 4,644帖 (附:雑宝経 巻第四(光明皇后五月一日願経)以下199巻)
  • 石山寺校倉聖教 1,926点(附:聖教箱30合)
  • 本朝文粋零本
  • 建久年中検田帳 2巻
  • 行歴抄 円珍記

(考古資料)

  • 袈裟襷文銅鐸

出典:2000年までの指定物件については、『国宝・重要文化財大全 別巻』(所有者別総合目録・名称総索引・統計資料)(毎日新聞社、2000)による。

画像編集

前後の札所編集

西国三十三所
12 岩間寺正法寺 - 13 石山寺 - 14 園城寺(三井寺)
近江西国三十三観音霊場
2 東門院 - 3 石山寺 - 4 近松寺
江州三十三観音
1 石山寺 - 2 泉水寺(廃寺)
びわ湖百八霊場
1 石山寺 - 2 岩間寺正法寺
神仏霊場巡拝の道
145 建部大社 - 146 石山寺 - 147 園城寺(三井寺)

拝観情報編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “日本初、夜景遺産の紅葉 大津・石山寺でライトアップ”. 京都新聞. (2015年11月13日). オリジナルの2015年11月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151114090617/http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20151113000217 2020年5月27日閲覧。 
  2. ^ 薗田稔、橋本政宣『神道史大辞典』(snippet)吉川弘文館、2004年。, p.494
  3. ^ 相馬大近江33ヵ所』(preview)保育社、1982年。ISBN 9784586505814, p.8-9
  4. ^ 白鬚大神社縁起(白鬚大明神縁起絵巻原文)”. 白鬚神社. 2012年6月閲覧。
  5. ^ 石山寺 2006, p. 54-56.
  6. ^ 石山寺 2006, p. 57-58.
  7. ^ 石山寺 2006, p. 61.
  8. ^ 石山寺 2006, p. 59.
  9. ^ 石山寺 2006, p. 38-39.
  10. ^ 石山寺 2006, p. 33-37.
  11. ^ 石山寺 2006, p. 44-48.
  12. ^ 石山寺 2006, p. 40-41.
  13. ^ 石山寺 2006, p. 30.
  14. ^ 石山寺 2006, p. 25.
  15. ^ 石山寺 2006, p. 49-50.
  16. ^ 【重要】勅封秘仏御本尊 如意輪観世音菩薩 御開扉 期間延長について”. 石山寺公式ホームページ (2020年6月24日). 2020年7月1日閲覧。
  17. ^ 1961年の国宝指定時には「60巻1帖」だったが、寺内で新たに発見された13巻が2002年に追加指定されている。
  18. ^ 平成20年12月2日文部科学省告示第172号(御影堂以下の4棟を「石山寺 4棟」として指定。)
  19. ^ 平成20年12月2日文部科学省告示第172号
  20. ^ 平成20年12月2日文部科学省告示第172号
  21. ^ 平成20年12月2日文部科学省告示第172号
  22. ^ 納入品は平成15年5月29日文部科学省告示第105号で追加指定。文化庁サイトの「国指定文化財等データベース」では納入品の記載が脱落している。
  23. ^ 平成16年6月8日文部科学省告示第112号
  24. ^ 1948年の盗難以前の画像。盗難後に首から下の部分は発見されているが、頭部は行方不明である。

参考文献編集

  • 石山寺『石山寺の古建築』石山寺、2006年。
  • 井上靖、塚本善隆監修、野口武彦、鷲尾隆輝著『古寺巡礼近江2 石山寺』、淡交社、1980
  • 『週刊朝日百科 日本の国宝』78号(石山寺)、朝日新聞社、1998
  • 『日本歴史地名大系 滋賀県の地名』、平凡社
  • 『角川日本地名大辞典 滋賀県』、角川書店
  • 『国史大辞典』、吉川弘文館

関連項目編集

外部リンク編集