メインメニューを開く

石山 透(いしやま とおる、1927年5月15日 - 1985年12月3日)は、日本脚本家北海道小樽市出身[1]。本名は笹岡幸司[1]

経歴編集

9歳で神奈川県に移住[1]。科学を志し、東京高等学校理科に学ぶが断念、卒業後は学友の熊倉一雄らとともに劇団「感覚座」を主宰[1]。このころから脚本・演出も手がける[1]1950年頃から、ラジオテレビを中心に脚本家としての活動を開始[1]

1959年にNHK東京の専属作家となり、同年の『ピエロが泣いた』でテレビのシナリオ作家としてデビュー[1]。1971年、筒井康隆の『時をかける少女』を大幅に膨らませた、少年ドラマシリーズ第一作『タイム・トラベラー』が好評で、オリジナル続編を執筆し、自身で『続・時をかける少女』として小説化。ついで1973年、NHK人形劇『新八犬伝』のシナリオを担当するが、これが大ヒット、1977年にはNHK時代ドラマ『鳴門秘帖』、1979年からは人形劇『プリンプリン物語』のシナリオを担当、『ラーマーヤナ』の世界を下敷きに独自の味を醸しだした。SF的発想と独自の楽屋落ちに才腕を揮ったが、58歳で死去。

主な脚本作品編集

著書編集

  • 新八犬伝 全3巻 重金敦之ノベライズ 日本放送出版協会, 1974-75
  • 続・時をかける少女 鶴書房盛光社 1978
  • タイム・トラベラー 大和書房 1984

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 玉川、16ページ。

参考文献編集

  • 玉川薫「時をかけぬけたシナリオライター 石山透」(『小樽文学館報』第37号、2014年3月31日)

外部リンク編集