メインメニューを開く

石川 一衛(一衞、いしかわ かずえ、1886年明治19年)9月30日[1] - 1960年昭和35年)9月1日[1][2])は、日本の実業家政治家参議院議員

経歴編集

埼玉県榛沢郡新戒村(のち大里郡新会村、現:深谷市)で生まれる[1]埼玉県立熊谷中学校を卒業した[1][注 1]

日本蹄鉄社長、釜渕木材工業取締役、釜渕産業取締役、日米工業会長などを務めた[1][2]

政界では、民主党埼玉県副支部長を務め、1947年4月、第1回参議院議員通常選挙埼玉地方区から出馬して当選(任期三年)し、その後、国民民主党に所属して参議院議員を一期務めた[1][2]。議員退任後、埼玉県モーターボート競走会長を務めた[1]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』246頁では修了。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 『埼玉人物事典』72頁。
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』246頁。

参考文献編集

  • 埼玉県教育委員会編『埼玉人物事典』埼玉県、1998年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。