石川 光親(いしかわ みつちか、安政6年(1860年) - 大正7年(1918年))は、陸奥仙台藩石川氏の末裔。室蘭市の開拓に大きく貢献し、藍綬褒章を授勲した。

経歴編集

陸奥国仙台藩の一門筆頭石川家14代当主となり角田領主となった石川邦光の弟。戊辰戦争で破れ、北海道室蘭郡の支配を邦光が許されたが、邦光が移住に失敗したため、伊達邦成に分割される。明治6年(1873年)、13歳で石川光親が3戸の同志を伴って移住。さらに同14年には、61戸211人が移住してきた。後に農地が狭いなどの理由から、泉麟太郎など7戸24人が夕張郡アノロに移り、現在の栗山町の前身を築いた。

同年9月移住士族に民籍(平民)編入令が出された。旧藩士らの動揺は激しく、泉麟太郎は角田に帰り、団結の核として石川邦光の弟光親の室蘭移住を懇請した。まだ20歳だった光親は慶應義塾に学んでおり、明治9年(1876年)に卒業、各地の小学校教師を勤めたあと明治14年に移住地に入った。

参考文献編集

  • 『屯田学校:北海道教育の礎』 若林滋 中西出版 ISBN 978-4-89115-151-5
  • 『慶應義塾入社帳 第1巻』福澤諭吉研究センター(編)、慶應義塾、1986年