メインメニューを開く

石川啄木賞(いしかわたくぼくしょう)は、日本にあった歌人俳人詩人エッセイスト随筆家)のための、公募コンクールによる総合的な文芸の新人賞。最大時は、短歌俳句散文詩自由詩現代詩)・エッセイ随筆)の4部門があった。岩手日報文学賞の啄木賞や啄木風短歌全国公募の啄木賞とは異なる。

概要編集

石川啄木賞は、北溟社によって創設された。「清貧にして早逝した天才作家石川啄木にちなみ、真摯に文芸に取り組んでいる作家にスポットを当てる」事を目的としている。[1]第2回目までは、文芸愛好者用の懸賞コンテストとは異なり、プロの文芸家を発掘する登竜門として設けられていた。第3回目より、公募ではなくなり、自社から出版した本だけを表彰対象とするようになり、賞の性質が変化。エッセイ部門は第2回目より新設。

第2回までは、短歌部門は30首、俳句部門は30句、詩部門は5篇、エッセイ部門は10~20枚が対象。各部門の選者は、大塚寅彦加藤治郎(短歌)、加古宗也黛まどか(俳句)、菊田守佐藤文夫(詩)、中原道夫小島哲夫(エッセイ)。

歴史の浅い賞であったため、募集時期や賞品は一定でなかった。第2回目の賞品は、賞金10万円(各部門)・賞状であった。[2]

この賞の短歌部門の前身としては2002年の北溟短歌賞があり、今橋愛(正賞)、石川美南(次席)、永井祐(次席)を輩出した。選考委員は、穂村弘水原紫苑の2名。[3]

開催年と入賞者編集

北溟短歌賞編集

第1回 08年度編集

第2回 09年度編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

北溟社
石川啄木賞(短歌部門)の記録
北溟短歌賞の記録の記録