メインメニューを開く
石川安次郎

石川 安次郎(いしかわ やすじろう、1872年9月19日(明治5年8月17日) - 1925年(大正14年)11月12日)は、明治大正期の日本ジャーナリスト代議士は半山(はんざん)で、通称石川半山。王冠章を白耳義皇帝から受章している[要出典]

目次

経歴編集

岡山藩士・石川彦衛の次男、岡山市一番町生まれ。慶應義塾を卒業後、ただちに『庚寅新誌』の記者となる。

次いで『信濃日報』主筆、『中央新聞』経済部長、『東京毎日新聞』主筆、次いで『報知新聞』に引き抜かれて北京に留まること5年、記者として北清事変(義和団の乱)に従軍し、中支那の外交機密を紙面で暴露して世間を驚かせた。次いで特派員としてポーツマス会議を取材。報知新聞主筆を経て一時『東京朝日新聞』に在籍したが、最終的に『萬朝報』の主筆として論陣を張り、「政界ゴシップの天才」といわれるようになる。1924年5月に衆議院議員(憲政会)に選出される。

社会活動では、幸徳秋水らと「普通選挙期成同盟会」を組織。足尾銅山鉱毒事件における田中正造の直訴にも参画するなどし、他支那事情に通じて粛親王を推重して『粛親王傳』を刊行した。その他、沼間守一を始めとする幕末明治期の人物の評伝もかなり多い。

関連項目編集

著書編集

参考文献編集

  • 黒龍会編『東亜先覚志士記伝』(黒龍会出版部、1933年-1936年)

外部リンク編集