メインメニューを開く

石川 慶(いしかわけい、1977年6月20日[1] - )は、日本映画監督愛知県豊橋市出身[2]愛知県立時習館高等学校東北大学物理学科卒業[2]

いしかわ けい
石川 慶
生年月日 (1977-06-20) 1977年6月20日(41歳)
出生地 日本の旗 日本 愛知県豊橋市
職業 映画監督
ジャンル 映画ドキュメンタリーCM
活動期間 2005年 -
主な作品
愚行録

目次

人物・来歴編集

幼少の頃から両親の影響で映画が好きで、東北大学で興味のあった物理を学んだ後、映画監督を志し、多くの名匠を生み出したポーランド国立大学ウッチ映画大学に留学し演出を学ぶ[3]。短編映画などの制作でキャリアを積み、母国語で映画を作りたいと考え帰国[4]。帰国後は主に短編映画を作り、ドキュメンタリーCMなどを手掛けてきた[2]。日本とポーランドの合作企画『BABY』ではプチョン国際ファンタスティック映画祭の企画マーケットでグランプリを受賞している[5]

2017年、映画『愚行録』で長編映画デビューを果たし、第73回ヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門に選出された[6]

監督作品編集

短編映画編集

  • Co Slychac(2006年) ※ドキュメンタリー
  • bracia(2006年)
  • Dear World(2008年)
  • It's All in the Fingers(2009年)
  • conversation(s)(2013年)
  • 点(2017年、S・D・P
  • 十年 Ten Years Japan「美しい国」(2018年11月3日公開、フリーストーン)[7] ※オムニバス映画

長編映画編集

ドラマ編集

受賞歴編集

脚注編集

出典編集

  1. ^ 香港映画『十年』がアジアで大プロジェクト化!日本版総指揮は是枝監督、タイ版はアピチャッポン監督が名乗り!台湾も参加し国際共同プロジェクトへ!”. Cinefil (2017年10月16日). 2018年7月3日閲覧。
  2. ^ a b c 石川慶「愚行録」シネマ&トーク”. とよはしまちなかスロータウン映画祭. 2018年7月3日閲覧。
  3. ^ 石川慶監督の登場は、日本映画史における“事件”だ 荻野洋一の『愚行録』評”. リアルサウンド (2017年2月28日). 2018年7月3日閲覧。
  4. ^ アイデアの扉 見えるもの以外の何かを、 画づくりに込めたい。”. Pen Online. 2018年7月3日閲覧。
  5. ^ 石川 慶|DIRECTOR|ディレクターズクラブ~クリエイター部│芸能事務所 CLEO”. 2018年7月3日閲覧。
  6. ^ 愚行録 特集: ベネチア国際映画祭での上映を果たした《高満足・良質エンターテインメント》受け止められるか。仕掛けられた3度の衝撃──必ずあなたを絶句させます。”. 映画.com (2017年2月18日). 2018年7月3日閲覧。
  7. ^ “是枝裕和が総合監修『十年』公開日決定、石川慶×太賀「美しい国」は“徴兵制”施行された日本描く”. 映画ランドNEWS (ホットモブ・ジャパン株式会社). (2018年8月15日). https://eigaland.com/topics/?p=83506 2018年8月15日閲覧。 
  8. ^ “「ヨコハマ映画祭」日本映画ベスト10が決定 石井裕也監督作品が5冠”. ヨコハマ経済新聞. (2017年12月16日). https://www.hamakei.com/headline/10290/ 2018年7月3日閲覧。 
  9. ^ “「新藤兼人賞」は海外でも活躍する長谷井宏紀監督が金賞、石川慶監督が銀賞受賞”. 映画.com. (2017年12月8日). https://eiga.com/news/20171208/20/ 2018年7月3日閲覧。 
  10. ^ “石川慶監督、「愚行録」で新人監督賞 満島ひかり登場に「何言うか飛んだ」 「第27回日本映画プロフェッショナル大賞」授賞式”. MANTANWEB. (2018年4月28日). https://mantan-web.jp/movie/RSS9O19zYME.html 2018年7月3日閲覧。 

外部リンク編集