メインメニューを開く

石川 才顯(いしかわ わざあき、1935年 - 1996年11月28日)は、大分県出身の刑事法学者。元日本大学法学部教授

研究・業績編集

日沖憲郎に師事し、刑事法、特に、刑事訴訟法分野においての業績で著名。その著書、論文は多くの刑事訴訟法学者や法律実務家に影響を与え、立命館大・井戸田侃教授とともに捜査手続の訴訟的構造化に基づいて、捜査機関の攻撃的捜査活動に対して、被疑者側の防御活動捜査活動を対等なものとして位置づけた。その当事者主義的捜査構造から導かれる捜査訴訟構造説(捜査独自性説)の有力な推進者として知られる。それら研究の集大成である主論文『捜査における弁護の機能』に対しては、慶應義塾大学より博士(法学)の学位が授与された。

また、司法試験受験指導でも有名であり、長年監修を勤めた『択一式受験六法』(自由国民社)は、司法試験受験生の必携書となった。

1996年11月28日、脳梗塞により逝去。従五位勲四等旭日小綬章。追悼論文集に『故石川才顕教授追悼論文集 法学紀要』(通号40別巻、日本大学法学部法学研究所、1998年)がある。

経歴編集

大分県立中津北高校、日本大学法学部卒、同大学大学院修了。司法修習の課程を経て、日本大学法学部講師、助教授、教授就任。弁護士(第二東京弁護士会)。

学内では、法学部学務担当、法学部次長、日本大学司法研究所所長、日本大学保健体育審議会卓球部部長などを歴任。学外では、千葉大学講師、カリフォルニア大学客員教授、東京都人権擁護委員、日本学術会議中央選挙管理委員会委員、通産省大規模小売店舗審議会特別委員、文部省学術審議会専門委員などを務めた。

主要著書編集

  • 『通説 刑事訴訟法』(三省堂
  • 『刑事訴訟法講義』(日本評論社
  • 『刑事手続と人権』(日本評論社)
  • 『刑事政策』(評論社、編著)
  • 『捜査における弁護の機能』(日本評論社)

ほか多数