石川 昌能(いしかわ まさよし)は、江戸時代前期の山城国淀藩の世嗣。官位従五位下日向守

 
石川昌能
時代 江戸時代前期
生誕 万治元年(1658年
死没 天和2年4月25日1682年6月1日
官位 従五位下日向守
山城淀藩世嗣
氏族 石川氏
父母 石川憲之
兄弟 昌能義孝堀尾勝明酒井忠胤正室、
米倉昌照正室
藤堂高次
勝之石川総茂正室
テンプレートを表示

略歴編集

石川憲之の長男として誕生。正室は藤堂高次の娘。

伊勢亀山藩(のち山城淀藩)の嫡子として生まれる。寛文8年(1668年徳川家綱御目見し、寛文11年(1671年)、従五位下日向守に叙任された。しかし家督相続前の天和2年(1682年)に25歳で死去した。代わって長男・勝之が世子となった。