石川 清一(いしかわ せいいち、1906年7月25日[1] - 1976年8月31日[2])は、日本の政治家参議院議員(1期)。

経歴編集

北海道出身[2]上富良野村尋常高等小学校高等科卒[2]。上富良野村農業協同組合長、同農地委員会長、上川生産農業協同組合連合会会長、北海道議会議員などを経て[2]1950年第2回参議院議員通常選挙において全国区から立候補して当選した[3]。当選後は第一クラブに所属[4]、その後、改進党に移った[5]。党内では参議院副会長、国会内では建設、懲罰の各委員長を務めた[2]。改進党から日本民主党に変わったが、これに加わらず無所属クラブに入った[6]1956年第4回参議院議員通常選挙には出馬しなかった。

このほか上富通運(株)取締役会長などを務めた[2]。1976年死去。

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 昭和28年版』434頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』246頁。
  3. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』540頁。
  4. ^ 『議会制度百年史 院内会派編貴族院参議院の部』279頁。
  5. ^ 『議会制度百年史 院内会派編貴族院参議院の部』295頁。
  6. ^ 『議会制度百年史 院内会派編貴族院参議院の部』320頁。

参考文献編集

  • 『読売年鑑 昭和28年版』読売新聞社、1952年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 院内会派編貴族院参議院の部』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。


議会
先代
下条恭兵
  参議院建設委員長 次代
深川タマヱ
先代
深川タマヱ
  参議院建設委員長 次代
松原一彦